乳がんによる胸水がなくなりました。

● 乳がんによる胸水がなくなりました

お世話になっております。加藤隆佑です。

がんを克服する食事療法のセミナーを受けていただいた方から、「見事に胸水がなくなりました」という感想をいただきました。

ご紹介しますね。

ーーーーー

胸水ですが鍼灸院で購入した体を温める為の温熱マットを、毎日一時間前後上半身にしっかり汗をかく程一週間使用致しましたら、左右の肺の胸水は見事になくなってしまいました。

半分騙された感じで使用した温熱マット効果恐るべしです。(温熱マットは決して高価なものではなく、二万円ちょっとの介護用品です。)

体を温める事が如何に大切か身を持って体感致しました!

まだまだ転移、肺の腫れによる息苦しさ、リンパ浮腫と悩みはつきませんがひとつづつ改善できる様に目標を持とうと思っています。

ーーーーー

この方は、乳がんの方なのですが、食事内容に気をつけられていましたが、あるときより胸水が増えてきたのです。

食事療法のセミナーでもお話したことだったのですが、体を温めることをさらに強化することによって、胸水がなくなったのです。

食事内容を気をつけることも大切ですが、体をあたためることも大切なのです。

さて、一部の方は、体を温めてもがんが増えたということで、体を温めることを止められる方もいらっしゃいます。

しかし、それは間違っています。

かりにがんが大きくなったとしても、がんが増えるスピードを少しでも遅くするために、体を温める習慣は続けて欲しいです。

同じく、食事療法も続けて欲しい習慣です。

そして、食事療法やがんを体を温める習慣についての、詳しくはこちらです。

妊娠中の抗がん剤治療について

● 妊娠中の抗がん剤治療について

こんにちは。加藤隆佑です。

今日は、妊娠している最中の抗がん剤治療について、まとめてみることにしました。日本語のサイトでは詳しい情報が少なく、英語のサイトの内容をまとめています。

1000人にがんの方がいれば、そのうちの1人が妊娠している最中に発見され、乳がん、子宮頚がん、甲状腺がん、リンパ腫、悪性黒色腫、性腺腫瘍に多いです。

また、妊娠中にがんになったからといって、それが胎児に転移することはありません。

健全な赤ちゃんを生む事はできます。

ただし、注意点があります。

がんの検査のためのCTは、被爆の点から、注意しないといけません。

胸や頭のCTは、問題ありませんが、腹に関しては胎児にあたるので、注意です。

より危険をさげるならば、お腹のまわりに、放射線を通さないエプロンをしながら、検査をうけると、よりよいでしょう。

ちなみに、MRIやエコーの検査は、胎児に影響はでません。

治療に関しては、がんが初期の段階であれば、出産が終わるまで待ってもよいとされています。

また、妊娠初期(3ヶ月)までは、胎児への影響が強いため、治療は難しいです。それ以降であれば、比較的安全にできます。

治療の中で最も問題になるのは、抗がん剤です。一部の抗がん剤に関しては、妊娠3ヶ月以降であれば、比較的安全にできるとされています。

抗がん剤が直接胎児に影響を及ばさなくても、抗がん剤によって、母体が貧血になったり、食欲不振になることにより、低体重での出産になることもあるので、注意が必要です。

また出産後も、母乳を与えてはいけないこともあるので、注意が必要です。

予後に関してですが、妊娠していないに見つかった場合と比較して、変わらないとされています。

最後に、妊娠中にがんが見つかった場合には、以下のことを主治医に聞いてください。

1, これまで、妊娠中のがんの治療をどの程度あつかったことがありますか?

2, どのような治療計画で、その治療計画をたてた理由はどのようなものでしょうか?

3,今すぐ治療をしたほうがよいか、それとも、治療開始は遅らせたほうがよいですか?

4, 治療を送らせることにより、私の予後に影響がありますか?

5, 胎児に長期的に、もしくは短期的に、どのような危険がありますか?

6, 母乳で育てることができますか?

7, 私と、私の家族を支えてくれるサービスは、何かありますか?

抗がん剤治療を妊娠中に受けて、胎児への10年から20年先への影響は全く分かっていません。

そのあたりのことが、早く分かってくれるとよいと思います。

悪い塩を、良い塩に変えると、多くの病が良くなる理由

●悪い塩を、良い塩に変えると、多くの病が良くなる理由

こんにちは。加藤隆佑です。

今日は塩に関してのお話です。

一部の方は、がんや高血圧を克服するためには、塩分制限が必要と主張される方がいます。

しかし、それはまったくのウソです。

実際に、私の提案する食事療法では、そのようなことをしなくても、よくなっています。

塩分を目の敵とする高血圧でも、はじめにすべきことは、塩分制限ではないのです。

まずすべきことは、「悪い塩」をやめていただき、「よい塩」に切り替えることです。

そうすることにより、多くの方は、血圧がさがります。

さて、悪い塩とは何か?歴史をひもときます。

日本では塩の専売制のもと、1972年以来、ほぼイオン交換膜法という日本独自の方法で海水から作った高純度の食塩のみ(塩化ナトリウムの塊)が生産・流通してしまいました。その塩が悪の根源です。

本来の塩は、塩化ナトリウム以外に、塩化マグネシウム、硫酸マグネシウム、硫酸カルシウム、塩化カリウムといったミネラルの塊です。微量な元素まで含めると100種類以上の物質が含まれています。

さまざまな病気を予防するミネラルの貯蔵庫なのです。

そのようなミネラルが、塩の専売制により、摂取できなくなったのです。そして、私達の生活に、ミネラル不足を招き、がんや高血圧といった多くの病気を引き起こしたのです。(あくまで、原因の1つです。)

さて、問題は、どのような良い塩をとるかです。答えは、「体の体液のミネラルバランスに近い塩」です。塩を構成するミネラルのバランスが大切なのです。

もしバランスを気にせず、ある特定のミネラル(Aという名前にします)だけをとると、A以外の体に大切なミネラルの一部が、逆に体の外にでてしまったりするのです。

塩化ナトリウムの塊である精製塩を例にとると、塩化ナトリウム以外の「体に必要なミネラル」が、体の外にでていってしまうのです。同時に、本来の塩からとれるミネラルをとる機会を逸します。

塩化ナトリウムの塊である精製塩をとることは、さらにミネラル不足を加速させるのです。その結果、体の中のミネラルバランスがくずれ、多くの病気を引き起こします。

(分かりやすく説明していますが、もっと複雑なメカニズムが背景にあります。)

そうならないためにも、「バランスのよいミネラルで構成された塩」をとるかが、カギになります。

ミネラルを含む塩(岩塩、海水塩、湖塩)であれば、何でもよいわけではないのです。

体にもっともよいバランスの塩はどれか?

私の今一番おすすめは、こちらの塩です。

そして、塩の取り方以外にも、がんを克服するための食事で、気をつけないことはあります。

治療歴15年目のがん治療専門医によるがん治療のサポート

がん治療の悩みをとる加藤隆佑による遠隔診療

抗がん剤治療の悩みをとるメールマガジン

抗がん剤治療を受けるときに読む本

がんを克服するための食事法

がんと治療による苦しみを無くし、一日でも長く生きるためにすべきこと

今日からできる抗がんの薬膳

これだけは知っておきたい抗がん剤治療

加藤隆佑プロフィール
小樽協会病院 消化器内科 主任医長
日本消化器内視鏡学会専門医
日本消化器病学会専門医
肝臓専門医
内科認定医
がん治療認定医

お問い合わせ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

メッセージ本文

口内炎を予防する方法

●口内炎を予防する方法

今日は、抗がん剤の副作用の一つである口内炎をいかに防ぐかというお話をしたいと思います。

口内炎はとても不快な症状です。ひどい場合だと、口の中が真っ白になって、血がでることもあります。治療のためとはいえ、がまんするのもつらいです。

いままでやられていた対策として、

• 口腔内の衛生状態をきれいに保つ
• ハチアズレという薬を使ってうがい
• ステロイド入りの軟膏
• エレース•アイスボール(薬の一種)をなめる
• マーロックスというお薬でうがい
• 熱いもの、からいもの、酸味の強い物を避ける
• 抗がん剤の投与するときに口の中を氷などで冷却する

(口内炎の発生頻度の高い5-FUという薬を短時間で大量に血中に投与する場合に使われることもある方法です。その薬の投与の5分前から30分ほど、口の中に氷をいれて冷やします。)

これらは、効果があるときもありますが、効果に個人差がかなりあります。今あげた方法以外でとれる対策があるわけではないので、いろいろやっても、効果がなければ、”がまんするしかないですね”、という感じになっていました。

しかし、最近になりかなり効果のある予防方法がでてきたのです。

その方法は、エレンタールという栄養剤を飲むという方法です。

エレンタールは口内炎の発生をかなり軽減するかもしれないというデータです。

エレンタールに、グルタミンというアミノ酸が含まれていて、それが口内炎を防ぐようです。

エレンタールは、昔からある保険診療の中で処方することのできる栄養剤であり、安全なものです。

それが、がんの治療にも使えるようになってきたのです。

ごはんが食べれないときの栄養補給にもなりますし、腸管の免疫も高めます。それはよりよい治療効果にも結びつきますよね。

岐阜大学では、口内炎のできやすい抗がん剤治療をする患者様にこの栄養剤を飲んでもらうようにしてもらっているそうです。

岐阜大学のデータでは、これまで生活に支障のでる口内炎がでていたのが、この薬により生活に大きな影響をあたえる口内炎がでないようになったそうです。

(岐阜大学のやり方をもう少し詳しくお話しますと、エレンタール300mlにマーズレンSという粉薬を9g溶かして飲むという方法です。マーズレンSをいれることにより、グルタミン酸の量がさらに増えます。

ただし味がいまいちなので、シャーベット状にして、ちびちび飲んでもらったり、フレーバーを混ぜたりといった工夫をしてもらっているそうです。)

マーズレンSという薬をまぜずに、エレンタールだけのんでも効果はあります。

“絶対これがいい”という治療法ありませんが、エレンタールは効果が期待できる
治療です。

私の患者様にも口内炎で困っている方にはこの栄養剤をだして、口内炎が治りました。

口内炎で困っているときには、エレンタールのことも含めて主治医に相談してみてくださいね。

食事の工夫が、がんを克服する一歩につながる

●食事の工夫が、がんを克服する一歩につながる

こんにちは。加藤隆佑です。

先日糖尿病学会の最新の報告を読んでみていたら、気になる記事がありました。

糖尿病を合併した場合、がんのリスクが男性12%, 女性19%上昇する。

具体的には、大腸がん40%, 肝臓がん97%, すい臓がん 85%である。

という報告です。

海外では、乳がん・前立腺がんも増えるというデータもでています。メカニズムを単純に書くと、免疫力が低下するからといえます。血糖値が高い状態は、がんの発育に有利な環境を与えるのです。

(糖尿病の薬自体が、がんの発症に関係する可能性も否定はできないという見解もかかれていました。このあたりは、なんともいえないところですね。)

いずれにせよ、血糖を高くしないようにすることが、がんの発育を抑えて、がんの再発を防止するといっても、過言ではないかもしれません。

食べ過ぎない
運動
お酒を控える
タバコをすわない

血糖値をあげないために、上のことは以前より言われていること。ストレスのない範囲でやって欲しいです。

さらに1歩踏み込んで、今日はお話します。同じ100kcalのエネルギーを生み出す食べ物をとったとしても、食べ物の種類によって血糖値の上がり方が異なります。

例えば白米。吸収が早く、血糖値が高くなりやすいです。いったん上がった血糖値は下がりにくいです。一方で、お粥だと、吸収がゆっくりで血糖値が高くなりにくいです。さらに血糖が上がっても、1時間程度で下がります。

なるべくなら、血糖が上がりづらいものを多く取ると良いでしょう。

血糖が高くなりやすい食べ物(高G食品のことです)

グラニュー糖
フランスパン
チョコレート
菓子パン
食パン
白米

それほど上がらない食べ物(中GI〜低GI食品のことです)

そば
玄米
お粥
五穀米
サツマイモ
オートミール
アガベシロップ
野菜全般
(ニンジン・ジャガイモ・カボチャ・山芋・長いも・とうもろこし・里芋・切り干し大根を除く)

血糖が上がりやすい食品を食べ過ぎず(栄養の関係で取らなくてはいけないものもあります)、また上がりにくい食品を多めにとることが大切です。

この視点から考えると、白米の取りすぎは気をつけたほうがよいでしょう。日本人はたくさんとりすぎです。お茶碗半分くらいにしたほうが良いでしょう。

がんを克服するには、一つのことをすればいいわけではありません。

病院から提供される治療、食事への配慮、散歩、自分の心のケアといった小さなことの積み重ねが大切です。

そして、本日お話した食事の工夫が、がんの発育を抑え、再発の防止につながる1歩になるのです。

がんによるストレスを減らす方法

•がんによるストレスを減らす方法

おはようございます。加藤隆佑です。

今日は「人に話を聞いてもらうこと」についてお話しますね。

がんになって、どうなってしまうのか?

副作用がつらい。

どうやって、がんの家族をささえたらよいのか?

いろんな不安を抱えていらっしゃると思います。少しでも不安を取り除き、元気になるにはどうしたらよいでしょうか?

私は話を聞いてくれるパートナーを見つけて、定期的に話を聞いてもらうことを、すすめています。

話を聞いてもらうと、考えがまとまるし、生きる力がでるのです。

しかし、それがなかなかできていない方も多いです。元気がある程度ないと、人に話す力もでないからです。

落ち込んでいるときに、話したくもないのに、話をすることを強制する必要はないと思います。

ただし、どれだけ落ち込んでいても、数ヶ月以内には、そこから脱するといわれています。

そこを見計らって、まずは話を聞いてもらってほしいのです。そして相性があえば、定期的に話を聞いてもらうのです。

コツは、調子のよいときこそ、話を聞いてもらうことです。

調子がいいということは、次は調子が悪くなることが起きる可能性がどこかででてきます。一生絶好調ということは、人間として生まれてありえないことです。

話を定期的に聞いてもらっていれば、落ち込んだりして調子が悪くなったとしても、落ち込み具合が軽くすみます。そこからの回復も早くなります。

元気なうちに、話をきいてもらうことを習慣化しておくとさらによいです。落ち込んでしまってから、話をきいてもらおうと気力をふりしぼるのは大変ですから。

決まった曜日の決まった時間に話を聞いてもらうのです。

まずは、気のあう友人に10分くらい話をしてみるところからスタートしてはどうでしょうか?

気負って話をしようと思うと、お互いストレスになりますから、始めのうちは世間話からでもよいと思います。

そして、定期的にしてください。例えば、水曜日の午後5時に必ず電話してみたりするのです。

ただし話す時間はある程度決めといた方がよいです。話が長すぎると、話相手の負担になることもあります。15分から30分を目安にするとよいと思います。

時間制限があると、こちらも考えをまとめて話そうとするから、より効果的に話せます。

私も週に1回は、友人に話を聞いてもらっています。

調子もいいし、何も困ってないし、話を聞いてもらわなくてもよいという気分でも、必ず話をします。そうすると、さらに元気になります。

落ち込んでいて誰とも話をしたくなくても、話を聞いてもらう日を決めているので、それほど苦もなく、話をする気になります。そうすると、少し元気になります。

話を聞いてもらう相手をみつけて、定期的に聞いてもらう。

それが、心が穏やかになり、がんを克服する1歩になるのです。

もし私でよければ、ご相談にのります。

私の専門とする分野は、がん以外では、アトピー性皮膚炎の漢方治療があります。

こんにちは。加藤隆佑です。

私は、がんの治療を専門医にしていますが、もう一つ、私が得意とする分野があります。

それは、アトピーの漢方治療です。

そのことに関連する記事は、こちらでご紹介しております。

アトピーにヨーグルトは効果がある?良い食べ物と悪い食べ物を知り、克服を目指す。

アトピーのかゆみや乾燥に役立つ市販薬、サプリメント、漢方を医師が解説

アトピーの完治と脱ステをめざす!漢方と食事でかゆみと赤みを改善し、跡を消す

アトピー性皮膚炎において、ジクジクした湿疹が、なかなかよくならないケース

アトピー性皮膚炎の、おすすめの保湿剤と、保湿剤が、きかない時の注意点

アトピー性皮膚炎のおすすめの漢方と、ステロイドとの併用について

アトピー性皮膚炎の原因とは?遺伝や人にうつることは?適切な治療で克服を目指す

アトピー性皮膚炎の悪化の原因と、かゆみをとってアトピーを改善する食事法

アトピー性皮膚炎は季節によって悪化することがある。それを回避する方法を医師が解説

主治医との会話で、気をつけること

こんにちは。加藤隆佑です。

今日は卵巣がんで悩まれている方で、メール相談でアドバイスをした方から感想をいただきました。

その一部をご紹介いたします。この感想は私たちにいろんなことを教えてくれます。

とてもよく理解できました。

確かに私は、痛いとか辛いとか漠然と、自分の気持ちをモゴモゴ言うだけで、自分の考えを言っていませんでした。

「痺れは辛い、でも治ることを信じて頑張っている。回数を重ねると痺れが痛みになってきた。しかし治療が終われば解消されると思うから、あと2回なら我慢できると思う。私はこう考えますが、先生はどう思いますか」

次回こんな話をしようと思います。

どんな選択肢を選ぶかの前に私と先生の意見交換が必要なんですね。

「最近どうですか?」と聞かれると「はい~痺れがあって~」。これでは先生も「お薬出しましょうね」で終わってしまいますね。

自分の現状とこの先をどう考えるか、きちんと向き合ってみます。ありがとうございました。

(20代 女性)

がんを克服するために、大切なことの一つが、主治医との意思疎通をよくすることです。

聞かれたことに対して、答えているだけでは、満足のいく治療にはならないことが多いです。

しかし、ちょっとした工夫をするだけで、主治医とのコミュニケーションがより良好なります。それは、よりよい関係、心のやすらぐ治療につながっていくのです。

がんの患者さんの家族がすべきことは何?

●がんの患者さんの家族がすべきことは何?

こんにちは。加藤隆佑です。

先日、あるミーティングで、とても考えさせる事例がありました。

プライバシーの問題があるので、個人を特定できないような形で、みなさんとシェアしたいと思います。

↓       ↓
60歳代の卵巣がんの抗がん剤を受けている方がいらっしゃいました。卵巣のがんの方は、落ち着いてきました。たまたま、血尿がでたので、泌尿器のドクターにみてもらったところ、膀胱がんが新たに見つかったのです。

主治医からは、「膀胱を全部とれば、治りますよ。」
家族からは、「治るんだったら、がんばろうよ。」

と言われました。

ご本人は、卵巣がんの治療で、体力が落ちていました。精神的にも疲れていました。

しかし、医師や家族からの勧めが強く、気は進まないけど、治療を受けることにしたのです。

入院前日に、ある友人に、「私は治療を受けたくない。体力も落ちているから、生きて戻って来れないかもしれない。だけど、がんばるよ。しかたないの。」と言ったのです。

そして、入院し手術を受けました。しかし、手術はうまくいかず、もう一度手術を受けることに、なってしまいました。

その結果、体の状態は非常に悪くなり、本人の精神的な限界もきています。

病院からは「もう一歩だから、頑張りましょう。」
家族からは「治るといわれてるんだよ。頑張るしかないでしょ。」

と、言われるだけです。

ついに、すべての人に心を閉ざしてしまいました。治療にも、協力をしなくなり、すべてを拒否しました。

そして、以前、入院前に気持ちを打ち明けた友人に電話して、「私はこの病院で殺される。家族も病院も、私の気持ちを分かってくれない。また手術を受けさせられる。」

と言ったのです。友人はすぐさま病院にいって、話を聞きました。その結果、少し気持ちは落ち着いたようです。

(ここまでが、その事例のお話です。)

その友人というのが、実は他の病院の看護師で、今回のミーティングで、そのことが議題にでたのです。

なぜ、ここまでご本人を苦しめることになってしまったのか?考えてみましょう。

私たちは、治るかもしれない治療法があったら、勧めると思います。家族も同じです。大切な人には、治ってほしいからです。

その治療が全く副作用もなく、苦しみが伴わないものであれば、多少強引に治療を受けてもらっても、100歩譲って良いかもしれません。(本当は避けた方がよいです。)

しかし、がんの治療はそうではありません。どうしても、不確定な部分というものが、付きまとわります。

治療したけど、再発するかもしれない。
手術したけど、その結果、思わぬ合併症で命を取られるかもしれない。

不確定的なところがある以上(もちろん、そうでなかったとしても)、ご本人の気持ちをしっかり、聴いてあげることが大切なのです。

それを今回のケースでは、しっかりしてなかったのが、すべての問題の原因だと思います。

本人が、自分の気持ちを素直に言わなかったから、良くないのではと言われる方もいらっしゃるかもしれません。

実は、アドバイスを受けることにより、心の負担になることもあります。

自分としては、今のままでいいのに、家族にそのことを説得しないといけない。しかし、治ると言われた治療法があるのに、受けたくないということを、説得することは、なかなかできないな。

家族や医師の善意や思いに、応えないといけないのではないか?そのような思いで、自分の正直な気持ちを言えないことが多いのです。

そのようなことを考えると、家族は、まずは思いを聞くことが大切なのです。それをしないと、家族の善意のつもりの言葉が、ストレスにしかならないのです。

「思いをきく」ことが大切なのですね。それでは、どのように思いを聞いたらよいのでしょうか?

中立的な立場で、聞くことが大切です。治療を受けてもらうように説得しようという気持ちではダメです。

すなわち、意見を述べずに、ただ、うなづくだけでもよいでしょう。時には、抱きしたり、一緒に泣いたり。

そのようなことにより、家族という存在が「自分のことが分かってくれる存在」になります。がんの家族をサポートをする上で一番大切なことです。

しかし、大切な家族に治ってほしいという思いが、それをすることを難しくすることでしょう。

難しいけど、ちゃんと聞いてあげるとどうなるか?

本人が自分の考えを整理することにつながります。その結果、生きよう」という思いがでてくれば、自分から治療を受けるといわれるかもしれません。

治療を受けないという選択になることもありますが、生きようとする力は、無理に説得させられたときより、強いはずです。

遠回りのようにみえて、ただ聴いてあげることが近道になるのです。「北風と太陽」の話に少し似ているかもしれません。

まとめますね。

がんの治療は、精神的につらいもの。家族には、治療をすすめらるよりも、自分の話を聞いてもらってり、静かに見守ってほしい存在でいてほしいのです。

本人から治療のことについて、聞かれたときにだけ、家族は対応したらよいです。家族には、がん以外の楽しい話をしてほしいと思います。

もちろん、がんのことも家族の方は気になりますよね。聞くとしても、「がんの治療つらくない?」、そんな位でよいと思います。その一言で、いいたいことを話たいときには、たくさん話してくれるものです。

もっとしっかり薬のもうよ。
なんで、治療をうけないの?
他の病院の〇〇先生は、もっと腕がいいから行ってみようよ

そのようなことは、病院の医師に任せれば良いのです。もしくは、本人が望んだときに提案すればよいのです。

それまでは、家族には、聞き役になって、静かに近くで見守っていてほしいと思います。

編集後記

今日の話は、とても難しいテーマだと思います。医療従事者として、正しいと思われる治療を提案すると同時に、患者様の思いを中立的な立場で聞くことが、要求されます。

私は、そのことを常に念頭には置いているものの、患者さんの気持ちより、治療をすすめることに意識が向かうこともあります。

家族を応援する立場になると、私は、さらに感情がはいってしまいます。私の母と父はだいぶ年をとっています。持病もあります。

1年に1回くらいしかあえません。会っても、「ちゃんと薬のまないの?」「なんで検査うけないの?」と、つい口にしてしまうこともあります。

親が私に求めていることは、アドバイスではありません。まずは、気持ちを聞いてほしいことだと思うのですが、つい口がでてしまうのですね。

このメールマガジンを書きながら、私自身のことも、反省しています。

家族の話を中立的に聞くのは難しいです。だけど、それをすることによって、苦しみが和らぐことは間違いありません。

完璧にできなくてもよいでしょう。それを意識することが、よりよい治療に結びつく一歩になると思います。