術後補助化学療法を、副作用のために、途中でやめてしまって不安な方へ

術後補助化学療法を、副作用のために、途中でやめてしまって不安な方へ

こんにちは、加藤隆佑です。

週末はゆっくりすごすことができました。子どものバイオリンを引いたり、ご先祖様の供養をしてきたりもしました。

ご先祖様の供養はとても大切だと、最近感じます。後日、そのことについても、書いてみたいです。

さて、今日は、胃がんの術後補助化学療法に関してです。

胃がんを手術して、stageがⅡもしくはⅢならば、TS-1という抗がん剤を1年間飲むのが、標準療法になっています。

それにより、再発率をさげることができます。

しかし、ACT-GDという臨床試験で、stageⅡにおけるTS-1の術後補助化学療法は、1年間よりも短い期間でもよいという可能性が、昨年発表されました。

今後は、もっと短い期間(例えば半年)になる可能性がありそうです。

そもそも、胃がんの術後の補助化学療法の期間を1年間とする明確な根拠はいままでありませんでした。

臨床試験を組んで、そこで1年間という期間に設定してやってみたら、効果があったから、1年間ということになっているにすぎないのです。

一部の患者さんは、術後補助化学療法を受けたさいに、推奨された期間を、副作用のために、飲めなかったことを、不安に思っている方がいます。

しかし、先ほど記事に書きましたように、抗がん剤投与の推奨された期間の設定のされ方を知れば、所定の期間、抗がん剤を飲めなかったことを、それほど心配することは全くなくなります。

(胃がん以外も、期間の設定のされ方は同じです。)

また、再発予防のためには、抗がん剤治療を受ければよいだけではありません。

がんになりにくい生活習慣を作ったりすることも大切です。

どのような食事をとるかで、生存期間に差がでるという発表もされています。

がんを遠ざけるための生活習慣のアドバイスは、こちらでもしています。

治療歴12年目のがん治療専門医によるがん治療のサポート

抗がん剤治療の悩みをとる無料メールマガジン

加藤隆佑プロフィール
小樽協会病院 消化器内科 主任医長
日本消化器内視鏡学会専門医
日本消化器病学会専門医
肝臓専門医
内科認定医
がん治療認定医

手術、放射線療法、抗がん剤の副作用、食事療法、免疫療法など、がん治療に関わることをアドバイスしています。

カドサイラ (一般名はT-DM1)の副作用について

●カドサイラ (一般名はT-DM1)の副作用について

こんにちは。加藤隆佑です。

HER2陽性の乳がんに有効なカドサイラの副作用についてのお話です。

はじめに、一般論ですが、HER2陽性の乳がんの治療方針は、以下のようになります。

第一選択 タキソール(パクリタキセル)+ハーセプチン (トラスツズマブ)+パージェタ (ベルツズマブ )

第二選択 カドサイラ (T-DM1) 

第三選択 ゼローダ (カペシタピン)+タイケルブ (ラパニチブ)

というふうになっています。

さて、カドサイラの副作用に関して詳しくお話します。

主な副作用としては

倦怠感 (約40%)
吐き気 (約30%)
食欲低下 (16%)
筋肉痛 (10%)

があげられます。

脱毛は1-5%程度です。

また採血でしか分からない副作用として注意しないといけないものは

血症板減少 (約30%) 〜血小板が少なすぎると、出血しやすくなります。
肝障害 (約30%)

です。

全体としては、比較的副作用の少ないお薬でしょう。

また新しいことが分かりましたら、メールマガジンでも情報を提供していきます。

治療歴12年目のがん治療専門医によるがん治療のサポート

抗がん剤治療の悩みをとる無料メールマガジン

加藤隆佑プロフィール
小樽協会病院 消化器内科 主任医長
日本消化器内視鏡学会専門医
日本消化器病学会専門医
肝臓専門医
内科認定医
がん治療認定医

手術、放射線療法、抗がん剤の副作用、食事療法、免疫療法など、がん治療に関わることをアドバイスしています。

TS-1の副作用で困られている方へ

TS-1の副作用で困られている方へ

こんにちは。加藤隆佑です。

今日はTS-1という経口の抗がん剤に関してのお話です。TS-1は、 胃がん、大腸がん、乳がんなど、幅広く使われている抗がん剤です。

TS-1は、4週飲んで2週間お休みするという飲み方が、基本的な飲み方です。

しかし、その飲み方ですと、副作用が強くでることがあります。

その場合に、TS-1を1日おきに飲むという方法に変更すると、治療の効果は変えないで、副作用が減るというデータが、でています。

私の担当している患者さんでも、このお薬で口内炎が強く出る方がいらっしゃいました。そこで、1日おきに飲むという方法に変更しました。

すると、口内炎が全くでないようになったのです。

患者さんは、とても喜んでいました。よかったです。

この飲み方は、副作用軽減のために、試してみる価値のある方法であることを、改めて感じました。

ただし、主治医でその方法に対する理解がないと、そのやり方に賛同してくれないかもしれません。

このやり方が、少しでもたくさんの医師に周知してらもえるとよいと思います。

副作用を減らすコツは他にもありますので、それを知りたい方はこちらです。

治療歴12年目のがん治療専門医によるがん治療のサポート

抗がん剤治療の悩みをとる無料メールマガジン

加藤隆佑プロフィール
小樽協会病院 消化器内科 主任医長
日本消化器内視鏡学会専門医
日本消化器病学会専門医
肝臓専門医
内科認定医
がん治療認定医

手術、放射線療法、抗がん剤の副作用、食事療法、免疫療法など、がん治療に関わることをアドバイスしています。

抗がん剤による吐き気が、とれないときに、どうしたらよいか?

● 抗がん剤による吐き気が、とれないときに、どうしたらよいか?

こんにちは。加藤隆佑です。

最近、以前に自分で書いたブログを読み返していますが、「さよならたまちゃん」という漫画を紹介したこともありました。

主人公は、精巣がんで、抗がん剤で根治が望まれるために、激しい吐き気という副作用に悩まされながらも、治療を続けている姿が、リアルに描写されていました。

副作用として、吐き気がでやすい抗がん剤があります。例えば、FECやBEPなどが、その代表です。

そのようなお薬による治療を受けても、症状が出ない方もいますし、副作用対策(セルフケアも含みます)をすることにより、吐き気が治まる方もいます。

一方で、何をしても、吐き気を抑えることができないケースもあります。

とても、個人差があるのです。

さて、その記事を書いた時に、以下のようなコメントを、読者さんからいただきました。

「私も<タマちゃん>を読みましたし、私の場合も、作者ほどではないものの、かなりひどい吐き気に苦しみました。

そして、先生や看護師さんの吐き気に対する理解がまだまだ不足しているなぁという感想を持ちました。」

たとえば、「水が飲めない」と言っているのに錠剤の胃薬を処方されたり、話しかけられるのも苦痛なのに答えないからと大声で、「どこが痛むの?」なんて質問したり・・・

甘味は特に吐き気を増すと言っているのに、「スポーツドリンクで水分と電解質補給を」なんてトンチンカンなことを言ったり・・・

というコメントを、読者さんからいただいたのです。

そのような一面が現場であるのも、事実です。

さて、完治の可能性が低い状況で、どのような手段を用いても、日常生活に支障がでるような吐き気を抑えれないならば、私はその抗がん剤をやめることを提案します。

しかし、完治の可能性がとてもがんならば、やめるという提案をするかといいますと、しない可能性が高いです。

しかし、いつも判断に迷いがでます。頑張ってほしいという思いと、その苦しさをなんとかとってあげたいという気持ちがでてきます。

激しい吐き気の回避と抗がん剤治療の継続を天秤にかけるという、本当に悩ましい問題です。

吐き気といった副作用のない薬が早く開発され、治療による苦しみがなく、がん治療を受けられる時代になってほしいです。

治療歴12年目のがん治療専門医によるがん治療のサポート

抗がん剤治療の悩みをとる無料メールマガジン

加藤隆佑プロフィール
小樽協会病院 消化器内科 主任医長
日本消化器内視鏡学会専門医
日本消化器病学会専門医
肝臓専門医
内科認定医
がん治療認定医

手術、放射線療法、抗がん剤の副作用、食事療法、免疫療法など、がん治療に関わることをアドバイスしています。

治療のことで、いいことしか言わない人は要注意です。

・治療のことで、いいことしか言わない人は要注意です

こんばんは。加藤隆佑です。

今年は、対人支援スピリチュアル研究会の総会が札幌であり、私も実行委員の1人だったので、今日の夜は、会合にでてきました。

今回のテーマは、がんの患者さんを支援することについて、考えてもらう会になりそます。大会が成功するように、がんばりたいです。

さて、先日、新聞を読んでいたら、インターネットなどで、がんの治療の情報で心地よい話は用心しないといけないという話がありました。

その主旨ですが、

検索サイトは、情報の正しさを保証しない

発信源が、営利組織、個人、医療施設が多かった

体にやさしいなど、心地よい言葉を並べるものは、注意しないといけない

信頼できない情報や、研究段階の治験をすすめるなど、問題のある内容が半数以上である

という内容でした。

それでは、検索サイトの情報にだまされないために、どのようなことに気をつけないといけないか?については、以下のことです。

誰が書いたサイトか?

(発信源はどのような医師なのか?もしくは医師ではないのか?など)

参考文献があるか?

(すべてを科学的に根拠を示すのは難しいですが、ある程度の文献が提示してあると、よいでしょう。)

いつの情報か?

(10年前の情報と、現在では、情報はだいぶ変わってきています。)

さて、このような新聞記事がでた背景には、がんの患者さんの弱みにつけ込んで、効果がはっきりしない何百万もする高価な治療をうけさせようとするクリニックが多くあるという事実です。

また、質の悪いサプリメントを、法外な値段で販売しているところもあります。

情報を調べようとすることは大切ですが、内容をしっかり吟味しましょう。

治療歴12年目のがん治療専門医によるがん治療のサポート

抗がん剤治療の悩みをとる無料メールマガジン

加藤隆佑プロフィール
小樽協会病院 消化器内科 主任医長
日本消化器内視鏡学会専門医
日本消化器病学会専門医
肝臓専門医
内科認定医
がん治療認定医

手術、放射線療法、抗がん剤の副作用、食事療法、免疫療法など、がん治療に関わることをアドバイスしています。

スチバーガ錠による手足症候群を防ぐ方法

•スチバーガ錠による手足症候群を防ぐ方法

おはようございます。加藤隆佑です。

今日は、スチバーガ錠の手足症候群を防ぐ方法についてです。

一番の問題が、手足症候群なので、是非知ってほしいです。

手足症候群とは、手足の皮膚に副作用がでることであり、第一段階から第三段階まであります。

第一段階:手足の皮膚が一部赤くなりますが、日常生活には支障をおよぼしません。

第二段階:皮膚が角化し、ひびわれをともなうこともあります。痛みがでて、日常生活に支障がでます。

第三段階:角化やひびわれが悪化し、水泡になったり、潰瘍になったりします。激しい痛みがでて、仕事や日常生活ができなくなります。

軽い段階を含めると約8割、第三段階以上は約3割の方という高い頻度で、出現するのです。

この副作用を克服していくことが、必要なのです。

そのためには、「セルフケア」というのがキーワードになります。

すなわち、病院だけの診察では、その副作用を防ぐことができず、ご自身でのセルフケアが大切になってくるのです。

具体的には、

1、手足の皮膚を毎日チェックすることです。

多くの方は、第三段階で病院にこられることが多いです。しかし、第一段階をへて、第三段階にいくわけです。

従って、第一段階や第二段階になった時点で、病院に相談することにより、第三段階に到達することを防ぐことができるのです。 このお仕事は、ご自身でないとできません。

2、一回り大きめの靴をはくこと

体重や圧力がかかる部分に、皮膚症状はでやすいです。そうならない工夫が必要です。その工夫の一つが、少し大きめの靴をはいて、足にかかる圧力を減らすことなのです。

3、保湿を、こころがけること

ヒルドイド軟膏などを使います。ヒルドイドローションでは、保湿力が弱いので、軟膏の方がよいでしょう。

皮膚症状以外に、もう一つ大切なことは、血圧を毎日測定することです。このお薬は、血圧をあげることがあるのです。

以上のことに注意を払うことが、このお薬とつきあっていく上で大切なのです。是非、やってみてくださいね。

副作用を減らすコツは他にもありますので、それを知りたい方はこちらです。

治療歴12年目のがん治療専門医によるがん治療のサポート

抗がん剤治療の悩みをとる無料メールマガジン

手術、放射線療法、抗がん剤の副作用、食事療法、免疫療法など、がん治療に関わることをアドバイスしています。

抗がん剤の副作用がでやすい人の共通点

抗がん剤の副作用がでやすい人の共通点

こんにちは。加藤隆佑です。

さて本日の本題に入ります。抗がん剤治療をしようかどうか悩まれている方から、よく聞かれる質問です。

「抗がん剤治療は苦しいですか?」

実はこれはとても難しい質問です。どの程度の苦しさを感じるかは、個人差があるからです。

例えば、女性は痛みに強く、男性は痛みに弱い傾向にあります。だからこそ、女性は出産にも耐えれるのですが、同じことを男性がやることは無理でしょう。

同じ苦しさだったとしても、受け止め方に個人差があるということです。

ただし、一つ言えることはあります。副作用を抑える薬も発達しました。抗がん剤治療をしながら、働かれている方もたくさんいらっしゃいます。

つまり、日常生活を問題なく暮らせるくらいの苦しさにとどめることができるということです。

ただし注意すべきことがあります。

始めのうちは、たいした副作用はなくても、長く使ってくると副作用がでやすくなることがあることです。

例えばエルプラットという薬を長期間使っていると、「しびれ」という症状がでやすくなります。

長期間使用していくときは、慎重に副作用の出方にかわりがないかどうかをみていかないといけないのです。

副作用の程度が強くなれば、お薬を変更することも考えないといけないかもしれません。

また、ベットに寝ている時間が長くなり、体力が無くなってきても副作用はでやすくなります。

リハビリをすると、副作用が軽くなるというデータあることも、体力を維持する事の重要性を物語っています。

副作用を減らすコツは他にもありますので、それを知りたい方はこちらです。

治療歴12年目のがん治療専門医によるがん治療のサポート

抗がん剤治療の悩みをとる無料メールマガジン

加藤隆佑プロフィール
小樽協会病院 消化器内科 主任医長
日本消化器内視鏡学会専門医
日本消化器病学会専門医
肝臓専門医
内科認定医
がん治療認定医

手術、放射線療法、抗がん剤の副作用、食事療法、免疫療法など、がん治療に関わることをアドバイスしています。

大腸がんで使われるスチバーガ錠という薬について

大腸がんで使われるスチバーガ錠という薬について

こんにちは。加藤隆佑です。

雪に覆われた路面も、ようやく地肌が見えてきました。また、雪はふるでしょうが、春を感じて、気持ちも軽やかになります。

今日は、大腸がんの方に使えるお薬で、スチバーガ錠というお薬についての説明です。1日1回飲むお薬です。

ただしこのお薬を飲むための条件があります。

「FOLFOX・FOLFIRIやアービタックスといったお薬を使っても、効果がなかった方」が飲んでもよいという条件なのです。
すなわち、3番目もしくは4番目に試みるお薬になります。

気になることは、副作用です。

3番目や4番目のお薬を試みるころには、体力がなくなり、副作用がでやすくなることが多いからです。

日本人に使用した場合の副作用を列挙してみます。

手足の皮膚障害 80% (日常生活に支障がでるものは27.7%)
疲労感  43.1% (日常生活に支障がでるものは6.2%)
高血圧  60% (日常生活に支障がでるものは10.8%)
食欲不振  43.1% (日常生活に支障がでるものは9.2%)

外国人のデータをここには提示していませんが、日本人のほうが、手足の皮膚障害や高血圧がでやすい傾向があります。

せっかくお薬を飲んでも、副作用で食べられなったり、倦怠感が強く、何もする気がしなくなっては意味がありません。

日常生活に支障がない範囲に、副作用を抑える工夫をしていくことが大切になってきます。

また、1番目や2番目に使われる抗がん剤に比べると、切れ味は劣ります。

副作用を我慢して、苦労して飲んだ割には、それに見合った利益を得る事ができないことも多いので、この抗がん剤治療を受けるかどうかは、慎重に考えることも必要でしょう。

メルマガでも、がんの最新情報を配信していますので、登録がまだの方はこちらです。

治療歴12年目のがん治療専門医によるがん治療のサポート

抗がん剤治療の悩みをとる無料メールマガジン

加藤隆佑プロフィール
小樽協会病院 消化器内科 主任医長
日本消化器内視鏡学会専門医
日本消化器病学会専門医
肝臓専門医
内科認定医
がん治療認定医

手術、放射線療法、抗がん剤の副作用、食事療法、免疫療法など、がん治療に関わることをアドバイスしています。

がんによるストレスを減らす方法

•がんによるストレスを減らす方法

おはようございます。加藤隆佑です。

今日は「人に話を聞いてもらうこと」についてお話しますね。

がんになって、どうなってしまうのか?

副作用がつらい。

どうやって、がんの家族をささえたらよいのか?

いろんな不安を抱えていらっしゃると思います。少しでも不安を取り除き、元気になるにはどうしたらよいでしょうか?

私は話を聞いてくれるパートナーを見つけて、定期的に話を聞いてもらうことを、すすめています。

話を聞いてもらうと、考えがまとまるし、生きる力がでるのです。

しかし、それがなかなかできていない方も多いです。元気がある程度ないと、人に話す力もでないからです。

落ち込んでいるときに、話したくもないのに、話をすることを強制する必要はないと思います。

ただし、どれだけ落ち込んでいても、数ヶ月以内には、そこから脱するといわれています。

そこを見計らって、まずは話を聞いてもらってほしいのです。そして相性があえば、定期的に話を聞いてもらうのです。

コツは、調子のよいときこそ、話を聞いてもらうことです。

調子がいいということは、次は調子が悪くなることが起きる可能性がどこかででてきます。一生絶好調ということは、人間として生まれてありえないことです。

話を定期的に聞いてもらっていれば、落ち込んだりして調子が悪くなったとしても、落ち込み具合が軽くすみます。そこからの回復も早くなります。

元気なうちに、話をきいてもらうことを習慣化しておくとさらによいです。落ち込んでしまってから、話をきいてもらおうと気力をふりしぼるのは大変ですから。

決まった曜日の決まった時間に話を聞いてもらうのです。

まずは、気のあう友人に10分くらい話をしてみるところからスタートしてはどうでしょうか?

気負って話をしようと思うと、お互いストレスになりますから、始めのうちは世間話からでもよいと思います。

そして、定期的にしてください。例えば、水曜日の午後5時に必ず電話してみたりするのです。

ただし話す時間はある程度決めといた方がよいです。話が長すぎると、話相手の負担になることもあります。15分から30分を目安にするとよいと思います。

時間制限があると、こちらも考えをまとめて話そうとするから、より効果的に話せます。

私も週に1回は、友人に話を聞いてもらっています。

調子もいいし、何も困ってないし、話を聞いてもらわなくてもよいという気分でも、必ず話をします。そうすると、さらに元気になります。

落ち込んでいて誰とも話をしたくなくても、話を聞いてもらう日を決めているので、それほど苦もなく、話をする気になります。そうすると、少し元気になります。

話を聞いてもらう相手をみつけて、定期的に聞いてもらう。

それが、心が穏やかになり、がんを克服する1歩になるのです。

もし私でよければ、ご相談にのります。