アブラキサン(パクリタキセル、ドセタキセル)による、しびれを、予防できます。

● アブラキサン(パクリタキセル、ドセタキセル)によるしびれを、予防できます。

あなたが、アブラキサン(パクリタキセル、ドセタキセルで)によて、発生するしびれという副作用を、不安に思うことがあるかもしれません。

実は、しびれは、完全にとは言えませんが、それなりに、予防することができます。

方法を、ご紹介しますね。

アブラキサン(パクリタキセル、ドセタキセルでも可)の投与15分前(30分前でも可)より、24時間の間、以下の2つを、つけます。

・弾性スリーブ

用いるものとして、15mmHgから20mmHgの弱圧タイプで、薄手の生地で、むれにくいものが、良いです。

例)

・加圧ストッキング

用いるものとして、15mmHgから20mmHgくらいの弱圧タイプが、良いです。

例)女性


例)男性

アブラキサン、パクリタキセル、ドセタキセルの副作用である、しびれを、予防することは、できるのです。

さらに、漢方をたすと、もっと良いです。 そして、抗がん剤の副作用である、しびれを、防いでいきましょう。

しびれに対して注意することは、こちらでも、書いています。

治療歴15年目のがん治療専門医によるがん治療のサポート

がん治療の悩みをとる加藤隆佑による遠隔診療

抗がん剤治療の悩みをとるメールマガジン

抗がん剤治療を受けるときに読む本

がんを克服するための食事法

がんと治療による苦しみを無くし、一日でも長く生きるためにすべきこと

今日からできる抗がんの薬膳

これだけは知っておきたい抗がん剤治療

加藤隆佑プロフィール
小樽協会病院 消化器内科 主任医長
日本消化器内視鏡学会専門医
日本消化器病学会専門医
肝臓専門医
内科認定医
がん治療認定医

手術、放射線療法、抗がん剤の副作用、食事療法、免疫療法など、がん治療に関わることをアドバイスしています。