高齢者のがん治療で、多くの方がやっていないこと

● 高齢者のがん治療で、多くの方がやっていないこと

こんにちは。加藤隆佑です。

さて、今日の本題です。

高齢者のがん治療は、いろんな点で注意すべきことがあります。

若い人に比べれば、臓器の予備能力が低いので、重大な副作用が起きると、命に関わる確率は、高くなります。とても慎重に治療をしていかないといけません。

また、高齢者の方の一部は、主治医の話を十分に理解できていないにも関わらず、分かったようなふりをしながら、治療を受けられる方も見かけます。

自宅に帰って、家族から治療の内容について聞かれても、しっかり答えることができずに、家族も、治療についてわからないまま過ごされるケースも多いです。

先日も、私の担当している高齢の患者さんで、具合の悪い方がいました。

毎回一人で病院に来られるのですが、体調が悪くなった時は、1人でくることができずに、家族と一緒に来られました。

家族から、「母の治療と、がんの状態はどんな感じなのですか?本人から聞いても、的を得た答えをしてくれないために、よく分からないのです。」と言われました。

家族は、治療や病状について分からないまま、不安な気持ちで過ごされていたようでしたが、私は、病状を説明して、病状を納得していただきました。

ただ、私としては、体調が悪くなってから、説明を受けるより、ふだんから、家族の病状を知っていてほしいと思います。

だからこそ、本人が的を得た答えをしてくれない時は、家族も一緒に病院についていってあげてください。

ただし、家族の中には、元気になってほしいという気持ちから、ついこんな一言を発してしまうことがあります。

「もっとがんばって治療うけないといけないでしょ」

「なんで、こんな重大なことを隠していたの?」

「もっといい病院探したら?(本人は病院に満足していても)」

「治療をうけているのだから、タバコをやめないといけないでしょ」

このような家族の一言が、治療を受けている本人にとってはストレスになったりして、自分の病状をあえて、家族に言わなくなる方もいます。

だからこそ、家族は、近くで寄り添ってあげる感じで、治療を受けている方の応援するのがよいでしょう。

もし何かアドバイスを求められたときにはじめて、家族はアドバイスをすればよいのです。

つい感情的になってしまうのが、親子というものなので、一言多く言ってしまうこともおおいかもしれませんが。

少し話はそれましたが、ご高齢の方のがん治療では、家族も一緒に病院に行けるならば、付き添ってあげたほうがよいです。

メールマガジンでも、がんになった方の応援するコツについて書いていくので、登録がまだの方はこちらです。

治療歴13年目のがん治療専門医によるがん治療のサポート

抗がん剤治療の悩みをとる無料メールマガジン

抗がん剤治療を受けるときに読む本

がんを克服するための食事法

がんと治療による苦しみを無くし、一日でも長く生きるためにすべきこと

がん治療の悩みをとる加藤隆佑による遠隔診療

加藤隆佑プロフィール
小樽協会病院 消化器内科 主任医長
日本消化器内視鏡学会専門医
日本消化器病学会専門医
肝臓専門医
内科認定医
がん治療認定医

手術、放射線療法、抗がん剤の副作用、食事療法、免疫療法など、がん治療に関わることをアドバイスしています。

抗がん剤による吐き気が、とれないときに、どうしたらよいか?

● 抗がん剤による吐き気が、とれないときに、どうしたらよいか?

こんにちは。加藤隆佑です。

最近、以前に自分で書いたブログを読み返していますが、「さよならたまちゃん」という漫画を紹介したこともありました。

主人公は、精巣がんで、抗がん剤で根治が望まれるために、激しい吐き気という副作用に悩まされながらも、治療を続けている姿が、リアルに描写されていました。

副作用として、吐き気がでやすい抗がん剤があります。例えば、FECやBEPなどが、その代表です。

そのようなお薬による治療を受けても、症状が出ない方もいますし、副作用対策(セルフケアも含みます)をすることにより、吐き気が治まる方もいます。

一方で、何をしても、吐き気を抑えることができないケースもあります。

とても、個人差があるのです。

さて、その記事を書いた時に、以下のようなコメントを、読者さんからいただきました。

「私も<タマちゃん>を読みましたし、私の場合も、作者ほどではないものの、かなりひどい吐き気に苦しみました。

そして、先生や看護師さんの吐き気に対する理解がまだまだ不足しているなぁという感想を持ちました。」

たとえば、「水が飲めない」と言っているのに錠剤の胃薬を処方されたり、話しかけられるのも苦痛なのに答えないからと大声で、「どこが痛むの?」なんて質問したり・・・

甘味は特に吐き気を増すと言っているのに、「スポーツドリンクで水分と電解質補給を」なんてトンチンカンなことを言ったり・・・

というコメントを、読者さんからいただいたのです。

そのような一面が現場であるのも、事実です。

さて、完治の可能性が低い状況で、どのような手段を用いても、日常生活に支障がでるような吐き気を抑えれないならば、私はその抗がん剤をやめることを提案します。

しかし、完治の可能性がとてもがんならば、やめるという提案をするかといいますと、しない可能性が高いです。

しかし、いつも判断に迷いがでます。頑張ってほしいという思いと、その苦しさをなんとかとってあげたいという気持ちがでてきます。

激しい吐き気の回避と抗がん剤治療の継続を天秤にかけるという、本当に悩ましい問題です。

吐き気といった副作用のない薬が早く開発され、治療による苦しみがなく、がん治療を受けられる時代になってほしいです。

治療歴12年目のがん治療専門医によるがん治療のサポート

抗がん剤治療の悩みをとる無料メールマガジン

がん治療の悩みをとる加藤隆佑による遠隔診療

加藤隆佑プロフィール
小樽協会病院 消化器内科 主任医長
日本消化器内視鏡学会専門医
日本消化器病学会専門医
肝臓専門医
内科認定医
がん治療認定医

手術、放射線療法、抗がん剤の副作用、食事療法、免疫療法など、がん治療に関わることをアドバイスしています。

治療に対する不満をとる方法

● 治療に対する不満をとる方法

こんばんは。加藤隆佑です。

私は、来週は名古屋に出張です。子どもも連れて行くのですが、出張の合間に、長島スパーランドに行って、子どもと一緒に遊ぼうと画策中です。楽しみです。

さて、今日の本題に入ります。

患者さんから、コメントやメッセージをいただくことが多いのですが、その内容を拝見させていただくと、治療に満足されていないという内容もよく見かけます。

いろんな理由で満足されていないのですが、一番の問題はコミュニケーションであることが多いです。

コミュニケーションの問題により、自分の思いを伝えられていない、自分の思ったことをしてもらえないのです。

その背景には、短い診察の時間内で自分のいいたいことを伝えるのは難しいということがあります。

逆に、自分のいっていることが、医師に分かってもらえると、とても満足のいく治療に変わります。

そのためにどうしたらよいでしょうか?すぐにできるアドバイスがあります。

例えば、「最近お腹がいたいのです」と訴えた場合です。そこから先は医師が主導となって、その症状に対して細かく問診して、原因や対処法を追求していくことになるパターンが多いです。

その流れの会話だと、患者さんがその痛みに対してどうして欲しいのかが、医師に伝わらないまま、会話が続いていくことになります。

その結果、患者さんが希望もしないような検査をうけたり、薬をのむこともあります。

もし、そのような提案があったら、気分がのらない場合は、薬や検査を受けたくないことを表名して、それならばどうしたいのかを理由も含めて話すべきです。

しかし、中にはそのまま受けいれてしまう方もいるのです。それが不満につながるのです。

それを回避するコツは、初めに自分の症状を言うときに「痛いので、○○してほしい」までしっかり言うことです。

その上で医師と会話を続けていくことが大切です。

「痛いから不安で検査をしてほしい。」
「痛いけど、最近便秘がちのせいだと思うから、このまま様子みたい」

といった上で、それに対して、「先生はどうお考えですかね?」みたいな感じで会話を進めたほうが、短時間でより効果的な会話につながります。

簡単なことですので、やってみてください。

メールマガジンでも、主治医との関係での悩み相談のアドバイスをしています。

治療歴12年目のがん治療専門医によるがん治療のサポート

抗がん剤治療の悩みをとる無料メールマガジン

がん治療の悩みをとる加藤隆佑による遠隔診療

加藤隆佑プロフィール
小樽協会病院 消化器内科 主任医長
日本消化器内視鏡学会専門医
日本消化器病学会専門医
肝臓専門医
内科認定医
がん治療認定医

手術、放射線療法、抗がん剤の副作用、食事療法、免疫療法など、がん治療に関わることをアドバイスしています。

食道や胃の通過障害があって、食べられない時の対処法

● 食道や胃の通過障害があって、食べられない時の対処法

こんにちは。加藤隆佑です。

さっそく、本題に入りますね。

食道や胃のがんがあるために、食事が通らず液体状のものしか食べられない方がいらっしゃします。私の患者さんもそのような状態になってしまいました。

外来で、「毎日液体のものしかとれないから、なんとかならないか?形のあるものが食べたい」と言われました。

一般的には、ミキサーで粉々に砕いた状態で、食事を提供するのが一般的でしょう。しかし、食べる側としては、とても味気ないです。

私は、そのようなときには、アイートを紹介しています。

見た目は普通の食事と同じ形です。口の中に入ると、舌だけで細かく分解されて、食事の通過障害があっても食べられるように設計されているのです。

もちろん味も見た目通りで、美味しく食べられます。

食事の通過障害で液体状のものしか食べられない方は、是非試してみて下さい。

治療歴12年目のがん治療専門医によるがん治療のサポート

抗がん剤治療の悩みをとる無料メールマガジン

がん治療の悩みをとる加藤隆佑による遠隔診療

加藤隆佑プロフィール
小樽協会病院 消化器内科 主任医長
日本消化器内視鏡学会専門医
日本消化器病学会専門医
肝臓専門医
内科認定医
がん治療認定医

手術、放射線療法、抗がん剤の副作用、食事療法、免疫療法など、がん治療に関わることをアドバイスしています。

がん治療を受ける前に、しておかないといけないこと

● がん治療を受ける前に、しておかないといけないこと

おはようございます。加藤隆佑です。

今日は痛みに関してのお話です。

みなさんの中に、痛みをがまんしながら、抗がん剤を受けられている方はいっらしゃいませんか?

私は、抗がん剤をうけるよりも、痛みをとる治療を優先的にうけることを、すべての患者様におすすめしてます。

痛みが落ち着いたら、抗がん剤治療に移ります。

その理由は、痛みをとったほうが、体の免疫細胞が活性化され、その状態で治療を受けた方、よりよい治療の効果が期待できるからです。

そのようにお話しても、痛み止めをかたくなに使いたがらない方もいらっしゃいます。

がんだから、いたいのは当たり前でしょ。
抗がん剤が効いたら、痛みがおさまるでしょ。
モルヒネを使ったら、逆に寿命短くなる。

いろんな思いがあると思います。しかし、それは思いというよりは、「思い込み」です。

まずは、痛みをしっかり抑える。その上で、抗がん剤といった治療に入るのかベストです。

痛みをとってみると、

治療に前向きになった
やれることができるようになった
もっと早くから、痛みをとっておけばよかった

そのようなことを多くの方は感じられます。

痛みをとる事を、最優先事項にして、主治医に痛みの相談をしてください。

治療歴12年目のがん治療専門医によるがん治療のサポート

抗がん剤治療の悩みをとる無料メールマガジン

がん治療の悩みをとる加藤隆佑による遠隔診療

加藤隆佑プロフィール
小樽協会病院 消化器内科 主任医長
日本消化器内視鏡学会専門医
日本消化器病学会専門医
肝臓専門医
内科認定医
がん治療認定医

手術、放射線療法、抗がん剤の副作用、食事療法、免疫療法など、がん治療に関わることをアドバイスしています。

抗がん剤の副作用がでやすい人の共通点

抗がん剤の副作用がでやすい人の共通点

こんにちは。加藤隆佑です。

さて本日の本題に入ります。抗がん剤治療をしようかどうか悩まれている方から、よく聞かれる質問です。

「抗がん剤治療は苦しいですか?」

実はこれはとても難しい質問です。どの程度の苦しさを感じるかは、個人差があるからです。

例えば、女性は痛みに強く、男性は痛みに弱い傾向にあります。だからこそ、女性は出産にも耐えれるのですが、同じことを男性がやることは無理でしょう。

同じ苦しさだったとしても、受け止め方に個人差があるということです。

ただし、一つ言えることはあります。副作用を抑える薬も発達しました。抗がん剤治療をしながら、働かれている方もたくさんいらっしゃいます。

つまり、日常生活を問題なく暮らせるくらいの苦しさにとどめることができるということです。

ただし注意すべきことがあります。

始めのうちは、たいした副作用はなくても、長く使ってくると副作用がでやすくなることがあることです。

例えばエルプラットという薬を長期間使っていると、「しびれ」という症状がでやすくなります。

長期間使用していくときは、慎重に副作用の出方にかわりがないかどうかをみていかないといけないのです。

副作用の程度が強くなれば、お薬を変更することも考えないといけないかもしれません。

また、ベットに寝ている時間が長くなり、体力が無くなってきても副作用はでやすくなります。

リハビリをすると、副作用が軽くなるというデータあることも、体力を維持する事の重要性を物語っています。

副作用を減らすコツは他にもありますので、それを知りたい方はこちらです。

治療歴12年目のがん治療専門医によるがん治療のサポート

抗がん剤治療の悩みをとる無料メールマガジン

がん治療の悩みをとる加藤隆佑による遠隔診療

加藤隆佑プロフィール
小樽協会病院 消化器内科 主任医長
日本消化器内視鏡学会専門医
日本消化器病学会専門医
肝臓専門医
内科認定医
がん治療認定医

手術、放射線療法、抗がん剤の副作用、食事療法、免疫療法など、がん治療に関わることをアドバイスしています。

術後補助化学療法を受けるべきか悩んでる方へ

● 術後補助化学療法を受けるべきか悩んでる方へ

おはようございます。加藤隆佑です。

昨日は、カウンセリングの師匠と崇めている先生と、食事をしてきました。

人を援助することについて、改めにいろいろ考えさせられた一日で、とてもよかったです。そのことについては、後日みなさんとシェアできればと思います。

さて、今日の本題です。

術後補助化学療法を受けるべきかどうかのお話です。

そのようなお話をしようとしたきっかけは、

手術で大腸がんを全部がんを取りきったが、リンパ節転移がありました。再発予防のための化学療法をすすめられました。したほうがよいでしょうか?

こんなご質問があったからです。

そこで、大腸がんの術後補助化学療法を例にとってお話します。

まずは答えです。

教科書的には(ガイドラインのことです)やったほうがよいです。

しかし、受けることによるメリットやデメリットをしっかり認識して選択することが大切。

というのが私の見解です。もう少し詳しくお話しますね。

大腸がんの術後補助化学療法の対象となるのは、リンパ節転移がある方です(一部例外はあります)。しかし、そのような方の再発率はそれほど高いわけではないのです。

つまり、リンパ節転移のある人すべてに、化学療法を行ったとして、その中にもともと再発しない人もいれば、化学療法をやったとしても再発する人も含まれるわけです。

具体的な数値としてはどうでしょうか?

100人の方が術後補助化学療法をうけて、その中で恩恵がえられる人は7人というデータがでています。

「恩恵がうけれる人」の意味は、「術後化学療法をしなければ再発してたけど、術後化学療法をうけたことにより再発がふせげる人」ということです。それが7人ということです。

ちなみに、約2割の中のさらに一部の方は、治療をうけることにより、再発までの期間がのびると言われています。

反対の視点でみてみると、7割強の方は、受けても恩恵はなく、むしろ、経済的負担や抗がん剤による悪影響を受けるだけになります。

大腸がん以外の術後補助化学療法でも、だいたい同じような成績です。

そのことを知っていただいた上で、術後補助化学療法を受けるという選択はいいのですが、受ける前にちゃんと

1、術後補助化学療法を受ける利益
2、術後補助化学療法を受けることによる不利益
3、術後補助化学療法を受けないことによる利益
4、術後補助化学療法を受けないことによる不利益
5、術後補助化学療法を受けて再発したらどうなるのか?
6、術後補助化学療法を受けないで再発したらどうなるのか?

ということを、考えた上で選択しないといけないと思います。

抗がん剤である以上、副作用(場合によっては生命に危険が及ぶ場合もあります)があります。

再発はほとんどしなくなるという思い込みで抗がん剤治療をうけて、最終的に再発してしまい、抗がん剤治療を受けた意味がなかったのでは、と言われた方もいらっしゃいます。

そうならないためにもちゃんと、最低上にあげた6個のことを考えないといけません。それは医師だけで考えれることではありません。個人の価値観というのも絡んできます。

ガイドラインで推奨されているからやりましょう、と言われ、それだけの根拠で治療を受けるのはちょっと乱暴かなというのが、私の見解です。

そのあたりのことを考えつつ、主治医と相談してみましょう。

またがんによる死亡率を左右するものに、どのような食事をとるかということも要素になります。

私たちの細胞は、食べ物からできていることから考えれば、当然といえば当然のことなのですが、食事にも気をつけてくださいね。

治療歴12年目のがん治療専門医によるがん治療のサポート

抗がん剤治療の悩みをとる無料メールマガジン

がん治療の悩みをとる加藤隆佑による遠隔診療

加藤隆佑プロフィール
小樽協会病院 消化器内科 主任医長
日本消化器内視鏡学会専門医
日本消化器病学会専門医
肝臓専門医
内科認定医
がん治療認定医

手術、放射線療法、抗がん剤の副作用、食事療法、免疫療法など、がん治療に関わることをアドバイスしています。

安全な抗がん剤治療を受けるために、必要なものは?

● 安全な抗がん剤治療を受けるために、必要なものは?

おはようございます。加藤隆佑です。

さっそく、本題に入ります。抗がん剤治療と聞いて、どんなイメージをもたれますか?考えてみてください。

髪の毛が抜けるつらい吐き気もう終わりだと思われるかもしれません。昔の医療現場やテレビのイメージでそんなイメージが植え付けられているかもしれません。

私も同じイメージをもっていました。高校生のときに、ドラマで病室のトイレで、嘔吐しながら抗がん剤治療をうけている場面とてもショックを受けたのです。

ところが、医者になって現場にでてみると実際は違いました(ちなみに医者になったのは、約10年前です)。正確にいえば、お薬が進歩して、そのような状況ではなくなっていたのです。

日常生活を送りながら、仕事をしながら、入院しないで通院しながら抗がん剤治療ができるようになったのです。

私が担当している患者様も、働きながら通院されている方が大半です。

最も高齢の方で83歳の方もいらっしゃいます。

若い方と同じように、元気に通院しながら治療を受けています。

とはいうものの、副作用に個人差があるのも事実です。そのようなときも、吐き気止めの薬の工夫、抗がん剤の量の工夫、吐き気のでにくい食事の工夫、投与期間の工夫をします。

そうすることにより、大半の方は日常生活を送りながら抗がん剤を続けることができます。

さて、抗がん剤を副作用を少なく、仕事もしながら続けている方の共通点が1つあります。

それは、体力があるということです。

体力というと、漠然としたイメージになりますが、ジムにいって、簡単なスポーツは普通にするくらいの力がある方ということです。

逆に、足腰が弱く、自宅で寝ている時間が多い方は、副作用がでやすい傾向にあります。

抗がん剤治療を安全に受けれるか否かは、その方がどの程度の体力を持っているかにかかっているます。

その体力が十分にあれば、高齢でも、副作用に悩まされず、安全に治療はできる見込みが高いのですが、体力がなければ、若くても、副作用に悩まされて、安全な治療は難しいのです。

体力をつけて、維持することも、がん治療においては、大切なのですね。

引き続き、メールマガジンでもがん治療で知っておかないといけないことについて、書いていきます。

登録がまだの方はこちらです。

 

治療歴12年目のがん治療専門医によるがん治療のサポート

抗がん剤治療の悩みをとる無料メールマガジン

がん治療の悩みをとる加藤隆佑による遠隔診療

加藤隆佑プロフィール
小樽協会病院 消化器内科 主任医長
日本消化器内視鏡学会専門医
日本消化器病学会専門医
肝臓専門医
内科認定医
がん治療認定医

手術、放射線療法、抗がん剤の副作用、食事療法、免疫療法など、がん治療に関わることをアドバイスしています。

 

 

がんを克服するための12か条

こんにちは。 加藤隆佑です。

さて、今日の本題です。

がんにかかった患者数の統計を見てみると、年々増えてきています。

この結果をみると、がんは防ぎようがないものと思っている方もいるかもしれません。

しかし、信頼のおける論文によれば、9割のがんは、予防を心がければ、防ぐことができるとされています。

具体的にしてほしいことは、以下の通りです。

1、バランスのとれた栄養をとる(いろどり豊かな食卓にして)

2、毎日変化のある食生活を

3、食べ過ぎをさけ、脂肪は控えめに(おいしいものを適量に)

4、お酒をほどほどに

5、たばこを吸わないように

6、食べ物から適量のビタミンと繊維質のものを多く取る 

7、塩辛いものは少なめに、

8、あまり熱いものはさましてから

9、かびの生えたものに注意

10、日光に当たりすぎない

11、適度にスポーツをする

12、体を清潔に

以上ですが、いかがでしょうか?

この話をすると、食事内容に関しては、私は大丈夫!と言われる方もいるのですが、いざ食事内容を、私が拝見させてもらうと、とても偏った食事である方も珍しくありません。

長年の食生活というのは、誰かにアドバイスしてもらうこともないので。大丈夫と思い込んでいる方が多いのです。

大丈夫と思っている人も、一度は、専門の人にみてもらうことをおすすめしています。

この12個の毎日の積み重ねが、がんの予防に大切です。

予防から話はそれますが、がんになった方も、この12個を実践して、免疫力をあげて、がんの成長を抑えることにつながるのです。

がんを克服するコツは、こちらでもお話しています。

 

手術、放射線療法、抗がん剤の副作用、食事療法、免疫療法など、がん治療に関わることをアドバイスしています。

 

がんはポン!

こんにちは。加藤隆佑です。

私はブログを書いていて、ずっと気になっていたことがあります。がんと言う言葉です。悪いイメージがたっぷりです。

痛い

死ぬかもしれない

苦しい
がんと告知されたとします。多くの人ははじめは強いショックをうけます。時間がたつにつれて、少しずつその事実を受け止めることができるようになります。

しかし 、テレビ 、雑誌、医師、インターネット などで、その言葉を見たり聞いたりすると、いい気持ちはしません。音の響きが悪いです。

同時にいままでの長い生活の中で「がん」という言葉にしみ込んだ悪いイメージが、脳裏をかすめることにもなります。

かすめることに気づくこともあれば、本人が気づかないレベル(すなわち潜在意識のレベル)のため、かすめたことに気づかないかもしれません。

不快な言葉は不快な言葉でしかありません。

それはマイナスの治療効果につながりかねます。

だから、がんという言葉を撲滅して、名前を一新したらどうかと思うのです。

医師の昇幹夫さんは、代わりにポンという表現を提案されました。

国立ポンセンター
大腸ポン
乳ポン

指し示すことは同じですが、メンタル面でマイナスの影響は和らぎます。
むしろ笑いが起きて、プラスの影響をもたらします。

がんという言葉を忘れて、すべてポンに置き換えてみるのはいかがでしょうか?

もし、がんという言葉が心に浮かんだら、「違う、違う、違う。ポンだったぁ!」そんな感じに考えてみましょう。