がんの患者さんの家族がすべきことは何?

●がんの患者さんの家族がすべきことは何?

こんにちは。加藤隆佑です。

先日、あるミーティングで、とても考えさせる事例がありました。

プライバシーの問題があるので、個人を特定できないような形で、みなさんとシェアしたいと思います。

↓       ↓
60歳代の卵巣がんの抗がん剤を受けている方がいらっしゃいました。卵巣のがんの方は、落ち着いてきました。たまたま、血尿がでたので、泌尿器のドクターにみてもらったところ、膀胱がんが新たに見つかったのです。

主治医からは、「膀胱を全部とれば、治りますよ。」
家族からは、「治るんだったら、がんばろうよ。」

と言われました。

ご本人は、卵巣がんの治療で、体力が落ちていました。精神的にも疲れていました。

しかし、医師や家族からの勧めが強く、気は進まないけど、治療を受けることにしたのです。

入院前日に、ある友人に、「私は治療を受けたくない。体力も落ちているから、生きて戻って来れないかもしれない。だけど、がんばるよ。しかたないの。」と言ったのです。

そして、入院し手術を受けました。しかし、手術はうまくいかず、もう一度手術を受けることに、なってしまいました。

その結果、体の状態は非常に悪くなり、本人の精神的な限界もきています。

病院からは「もう一歩だから、頑張りましょう。」
家族からは「治るといわれてるんだよ。頑張るしかないでしょ。」

と、言われるだけです。

ついに、すべての人に心を閉ざしてしまいました。治療にも、協力をしなくなり、すべてを拒否しました。

そして、以前、入院前に気持ちを打ち明けた友人に電話して、「私はこの病院で殺される。家族も病院も、私の気持ちを分かってくれない。また手術を受けさせられる。」

と言ったのです。友人はすぐさま病院にいって、話を聞きました。その結果、少し気持ちは落ち着いたようです。

(ここまでが、その事例のお話です。)

その友人というのが、実は他の病院の看護師で、今回のミーティングで、そのことが議題にでたのです。

なぜ、ここまでご本人を苦しめることになってしまったのか?考えてみましょう。

私たちは、治るかもしれない治療法があったら、勧めると思います。家族も同じです。大切な人には、治ってほしいからです。

その治療が全く副作用もなく、苦しみが伴わないものであれば、多少強引に治療を受けてもらっても、100歩譲って良いかもしれません。(本当は避けた方がよいです。)

しかし、がんの治療はそうではありません。どうしても、不確定な部分というものが、付きまとわります。

治療したけど、再発するかもしれない。
手術したけど、その結果、思わぬ合併症で命を取られるかもしれない。

不確定的なところがある以上(もちろん、そうでなかったとしても)、ご本人の気持ちをしっかり、聴いてあげることが大切なのです。

それを今回のケースでは、しっかりしてなかったのが、すべての問題の原因だと思います。

本人が、自分の気持ちを素直に言わなかったから、良くないのではと言われる方もいらっしゃるかもしれません。

実は、アドバイスを受けることにより、心の負担になることもあります。

自分としては、今のままでいいのに、家族にそのことを説得しないといけない。しかし、治ると言われた治療法があるのに、受けたくないということを、説得することは、なかなかできないな。

家族や医師の善意や思いに、応えないといけないのではないか?そのような思いで、自分の正直な気持ちを言えないことが多いのです。

そのようなことを考えると、家族は、まずは思いを聞くことが大切なのです。それをしないと、家族の善意のつもりの言葉が、ストレスにしかならないのです。

「思いをきく」ことが大切なのですね。それでは、どのように思いを聞いたらよいのでしょうか?

中立的な立場で、聞くことが大切です。治療を受けてもらうように説得しようという気持ちではダメです。

すなわち、意見を述べずに、ただ、うなづくだけでもよいでしょう。時には、抱きしたり、一緒に泣いたり。

そのようなことにより、家族という存在が「自分のことが分かってくれる存在」になります。がんの家族をサポートをする上で一番大切なことです。

しかし、大切な家族に治ってほしいという思いが、それをすることを難しくすることでしょう。

難しいけど、ちゃんと聞いてあげるとどうなるか?

本人が自分の考えを整理することにつながります。その結果、生きよう」という思いがでてくれば、自分から治療を受けるといわれるかもしれません。

治療を受けないという選択になることもありますが、生きようとする力は、無理に説得させられたときより、強いはずです。

遠回りのようにみえて、ただ聴いてあげることが近道になるのです。「北風と太陽」の話に少し似ているかもしれません。

まとめますね。

がんの治療は、精神的につらいもの。家族には、治療をすすめらるよりも、自分の話を聞いてもらってり、静かに見守ってほしい存在でいてほしいのです。

本人から治療のことについて、聞かれたときにだけ、家族は対応したらよいです。家族には、がん以外の楽しい話をしてほしいと思います。

もちろん、がんのことも家族の方は気になりますよね。聞くとしても、「がんの治療つらくない?」、そんな位でよいと思います。その一言で、いいたいことを話たいときには、たくさん話してくれるものです。

もっとしっかり薬のもうよ。
なんで、治療をうけないの?
他の病院の〇〇先生は、もっと腕がいいから行ってみようよ

そのようなことは、病院の医師に任せれば良いのです。もしくは、本人が望んだときに提案すればよいのです。

それまでは、家族には、聞き役になって、静かに近くで見守っていてほしいと思います。

編集後記

今日の話は、とても難しいテーマだと思います。医療従事者として、正しいと思われる治療を提案すると同時に、患者様の思いを中立的な立場で聞くことが、要求されます。

私は、そのことを常に念頭には置いているものの、患者さんの気持ちより、治療をすすめることに意識が向かうこともあります。

家族を応援する立場になると、私は、さらに感情がはいってしまいます。私の母と父はだいぶ年をとっています。持病もあります。

1年に1回くらいしかあえません。会っても、「ちゃんと薬のまないの?」「なんで検査うけないの?」と、つい口にしてしまうこともあります。

親が私に求めていることは、アドバイスではありません。まずは、気持ちを聞いてほしいことだと思うのですが、つい口がでてしまうのですね。

このメールマガジンを書きながら、私自身のことも、反省しています。

家族の話を中立的に聞くのは難しいです。だけど、それをすることによって、苦しみが和らぐことは間違いありません。

完璧にできなくてもよいでしょう。それを意識することが、よりよい治療に結びつく一歩になると思います。

がんは子どもに遺伝しますか?

● がんは子どもに遺伝しますか

おはようございます。加藤隆佑です。

さて今日は「がんの遺伝」について考えてみたいと思います。とても難しい話になるので、細かいところをはぶいて、ざっくりとお話しますね。

がんの遺伝的要因は、顔かたちが似るように、親から子へと、受け継がれる
傾向にあります。

例えば、乳がんでは、母親や姉妹が乳がんになった方は、そうでない一般の
方と比べて2~4倍乳がんになるリスクが高いと言われています。

しかし、ここで知ってほしいことは、遺伝子の異常だけが原因で、がんになるわけではないということです。

すなわち、大半のがんは、遺伝子的な異常に、生活習慣や外的要因も加わって、がんが発症していることです。

これだけだと、分かりづらいので、肥満になりやすい遺伝子であるアドレナリンβ3遺伝子を例にあげて、お話します。この遺伝子に異常があると、肥満になりやすくなります。アメリカのインディアンから発見された遺伝子異常です。

その遺伝子異常をもつアメリカのインディアンの一部は、メキシコに移住
しました。

さて、アメリカのインディアンは1970年代から食生活が、多きく変わりました。高脂肪食になったのです。その結果90%の人が、高度な肥満になってしまいました。

一方、メキシコのインディアンは従来通りの農業を中心にした生活を送って
いました。肥満になることもありませんでした。この話から分かることは、

肥満になりやすい遺伝子異常をもったインディアンは、高脂肪食と運動不足といった要因が加わって肥満が発症したということ

肥満になりやすい遺伝子をもっていたとしても、従来通りの生活を続けて
いれば、肥満にならなかったということ

です。がんになりやすいと言われている遺伝子異常は、かなりの数が特定されていますが、その大半は、アドレナリンβ3遺伝子の異常に似たものだと思います。

すなわち、がんになりにくい生活習慣をすることにより、がんを防ぐことができるのです。

(がんになった後でも、徹底的な食事療法とサプリメントでがんが小さく
なったり、消えたりするケースを、私はたくさんみています。食事(生活習慣)とがんの関係は、とても深いのです。)

具体的には、

1、化学物質(食品添加物等)
2、遺伝子組み換え食品・原材料
3、人口抽出の果糖(異性化糖[ブドウ糖液糖、等])
4、白砂糖(黒砂糖や甜菜糖であっても過度の摂取はしない)
5、乳製品(牛乳、ヨーグルト)
6、放射性物質

に注意しましょう。

大半の遺伝子異常は、生活習慣をしっかりしていけば、がんの発症を抑えることができるのです。

ただし、例外があります。例えば、MLH1遺伝子、MSH2遺伝子、MSH6遺伝子、またはPMS2遺伝子の異常がある場合は、大腸がんにかかる確立が非常に高いと言われています。(リンチ症候群という診断名になります)

BRCA1遺伝子(BRCA1)、BRCA2遺伝子(BRCA2)に異常がある場合は、
非常に高い確立で乳がんになると言われています。

これらの遺伝子異常をもつ場合は、生活習慣に気をつけるだけでは、がんの
発症をおさえることができない可能性が、高いです。

例えば、

若い年齢で乳がんを発症する
両方の乳房に転移ではなく、独立して乳がんが発症する
2世代以上にわたって乳がんの発症者がいる
卵巣がんの発症者がいる
乳がんと卵巣がんの両方を発症する
男性の血縁者に乳がん発症者がいる

場合は、乳がんの遺伝子のカウンセリングをうけてもよいでしょう。

同様に、

家計内に少なくても3名のリンチ症候群に関連した腫瘍がみとめられる
そのうちの1名は他の2名に対して第一度近親者(親、子、兄、弟)である
少なくても2世代に渡って発病している
少なくても1名は50歳以下で発病している

場合は、リンチ症候群を念頭にいれて、遺伝子カウンセリングをうけてもよいでしょう。どちらも頻度が低いので、それほど心配はいらないと思いますが、心配な方は、専門の機関を受診してみてください。