がんを再発させない!がんに負けない体の作り方

● がんを再発させない!がんに負けない体の作り方

こんにちは。加藤隆佑です。

あなたは、がんの再発を抑えることはできます。

たとえば、胃がんの場合ですと、約4割の方が再発すると言われているので、再発率を0に近づけることを目指しましょう。

そして、がんに負けない体を作っていくのです。

手術のあとに、再発予防のために、抗がん剤治療を受けることも大切です。

5から10%ほど再発率をさげますが、画像では見えないような、小さいがん細胞が、残っていることもあります。

免疫力を高めて、がんを再発させないようにしましょう。

そのために、漢方や食事療法を取り入れましょう。

簡単に、がんを抑えることはできるのです。

あなたが、がんの再発を防ぐために、「がんを再発させない!がんに負けない体の作り方」のセミナーDVDを、作りました。

DVDでお話していることを取り入れている方や、私の以前のセミナーを受けていただいた方からの、ご感想です。

転移していた肺のがんの治療から1年がたちました。

手術からは、ず~と、経過観察です。

3か月ごとのCTから6か月ごとのCTに今月からなりました。

(中略)

これからも漢方と食事療法を続けていきたいと思います。

これからもよろしくお願いいたします。

(肺に多発したがんを治療された方より)

 

肝臓がんが多発していて、すべて、漢方と抗がん剤だけで、きれいに消えました。

そして、今は、漢方だけを飲んでいますが、再発もなくて、よかったです。

 

もう少しで手術をして、5年になります。

再発したあとからは、先生から言われた漢方3種類は、今も毎日かかさず飲んでいます。

そのあとは、がんの再発もなく、そして、毎食、抗がん作用のある食材を必ず1つはいれて、食事をしています。

これからも油断せずに、がんばっていきます。

(低分化の大腸がん再発した後、再び、がんを指摘できない状態を維持している方より)

 

おかげ様で、レイシとマタタビのお茶、またはレイシのサプリメントをできる限り毎日服用しています。

70から80%達成目標の食事制限、インカインチンオイルを取り入れ、今のところ「再発」と診断されず、様子見の日々を過ごさせていただいています。

(卵巣がんの術後の方より)

 

お腹の中に、たまった腹水が減ってきて、よかったです。

引き続き、食事やストレスに気をつけて、生活をしていきたいです。本当にありがとうございます。

(胃がんの術後の経過観察中に、腹水が増えてきて、再発の兆候があった方)

 

がんは治すことのできる病気になりました。

しかし、他の病気と大きく異なる点は、再発というリスクが常につきまといます。

そして、4人に1人の方が、再発をすると言われています。

大腸がんを例にとると、3割の方は再発するのです。

そのような治療成績では、十分ではありません。できれば、再発率を0にしたいです。しかし、現実的には再発を、0にはできないでしょう。

そうであっても、再発率をさらに、下げることはできるのです。

また、がんのステージが高くなったり、再発率の高いがんですと、よりがんの再発率は高くなります。

例えば、ステージⅢの食道がんや、膵臓がんの方は、約7割の方に再発します。

あなたも、がんを再発させないで、5年過ごすことを、目指しましょう。

再発したときのショックは、はじめてがんを告知されたとき以上です。さらに、再発したがんは、治すために、さらにたくさんの工夫が、必要になります。

そのことを避けるためにも、再発しないようにしましょう。再発におびえているだけではだめなのです。

がんの再発を抑えるためにすべきことがあるのです。

毎日の食事に、がんを抑える食材を1つはいれて、がんに負けないようにしていきましょう。

例えば、某がんセンターでは、豆腐や野菜を多くたべると、胃がんの再発を減らせるという報告をしています。

さらに、漢方も、がんを抑えることができるというデータも複数あるのです。

体に定期的に漢方という援軍を送って、がんを叩いていくのです。

あなたにあった漢方で、がんの再発をより抑えていきましょう。

保険診療では用いない漢方ですが、インターネットなどで簡単に手に入って、一ヶ月3000円くらいのものからあります。

がんの再発をさせない食事や漢方で、がんに勝つようにするのです。

再発の心配がなくなる1つの区切りは5年です。ストレスなく、楽しくがんの再発を予防できる食生活や漢方を、取り入れましょう。

誰でも簡単に、楽しくできることで、がんを抑えることはできるのです。

最期に気をつけないといけないことは、多重がんです。

以前に卵巣がんが再発して、治療後、落ち着いていた方がいました。

ずっと卵巣がんの再発だけに注意していました。あるとき、大腸の検査をしたら、大きな大腸がんがあったという方もいらっしゃいました。

このように、1人にいくつものがんが発見されることも珍しくありません。

だからこそ、他のところに新たにがんができないようにしていくことも大切です。

そのようなときも、漢方が、新たながんの発生を抑えてくれることでしょう。

それでは、DVDでお話する内容をご紹介しますね。

• がんを抑えるための、抗がん性の強い漢方とは?

誰でも簡単に取り入れれる漢方で、がんを抑える力が強い漢方で、がんに負けない体を作りましょう。

再発率が高いがんの場合は、そのような漢方を取り入れることが、特に大切です。簡単に入手できるものばかりです。

例えば、あなたが、胃がんならば、◯◯という漢方がとてもよいです。

• がんの再発を抑える物質

がん細胞を抑える物質を、毎日とることが大切です。

がんを抑える食べ物があります。

• がん再発のメカニズム

がん幹細胞というがん細胞の親分が、がんの再発に強く関係する。がんを抑える物質をたくさんとるためにすべきことは?

• 〇〇をチェックするだけで、あなたの免疫力がわかり、再発の危険が高いかどうかが、分かる!

免疫力を高めて、再発率をさげることも、できるようになります。

• がん細胞を増やす原因となる炎症(細胞に起きる火事)を、とることが再発を防ぐ

体の中に炎症があると、病院での治療、漢方などの効き具合も悪くなります。がんも増えやすくなります。

そして、簡単な食事の工夫で、体の中の炎症をとり、がんを抑えることができます。

• 体によいとされる青魚といったものも、再発の原因になる。

体によいものとされてきたものが、実はそうではないこともあります。

• がんの再発を、早期に見つけるほど、治る確率が上昇するわけではない。どのように、病院の検査を受けていけばよいか?

再発を見つけるための検査で、本当に大切なことをお伝えします。

• 再発予防を意識した生活をストレスなく行うために、すべきこと。

• 身近にある薬で、がんによる死亡率を30%下げる薬があります。

今回は、セミナーで用いた図解入りのPDFもお付けします。

それを見れば、すべて分かるようになっています。PDFは、ご購入後にお届けしますメールから、すぐにダウンロードできます。

それ以外にも、数回にわたり、サポートメールがありますので、ご覧下さいね。

さらに、今回は、「病院では教えてくれない、長く楽に生活するコツ」の音声セミナー(40分)も、特典としてお付けします。

1、がんの再発率や、5年生存率に、数倍の差を付けるものは、〇〇です。

あなたの、がんの再防止や、5年生存率を、もっと上げることができます。

膵臓がんを例にだすと、〇〇があると、5年生存率が40%、〇〇がないと、5年生存率が10%です。

2、それ以上、治療法がないと言われたときに、具体的にすべきこと。

あなたが、もし余命宣告を受けても、もっと長く生きられる可能性は、十分にあります。

実例をもとに、お伝えしますね。

やすやすと、がんに命を奪われないよう、していきましょう。

3、スマホをうまく利用するだけで、抗がん剤を受けるのと、同じくらいの、治療効果をだせる!

抗がん剤をを受ける以外にも、生存期間を平均5ヶ月くらい延ばすことが、できます。スマホやタブレットをうまく利用するだけで、できます。

生存期間を約5ヶ月伸ばすとは、何らかの抗がん剤を受けたときの効果に、匹敵します。どのようにして、そのよう結果になるかを、お伝えします。

抗がん剤以外の方法でも、より長く毎日の生活を送れます。

あなたも、がんに勝ち、がんを克服していきましょう。

今回のDVDは、2枚組 (2時間43分)です。

DVDをご覧になって、分からないことがあれば、メールでご質問ください。

あなたに、DVDセミナーでお会いできるのが楽しみです。

お申し込みは、クレジットカード、銀行振込に対応しております。お届けは、ご入金確認後、土日祝含めず7営業日以内の発送です。

価格は、「送料無料、税込み」で2万円です。

がんを再発させないようにしていきましょう!

手術、放射線療法、抗がん剤の副作用、食事療法、免疫療法など、がん治療に関わることをアドバイスしています。