今日からできる抗がんの薬膳~東洋医学でがんを克服

● 今日からできる抗がんの薬膳~東洋医学でがんを克服

こんにちは。加藤隆佑です。

あなたは、がんを抑えることができます。

さらに、抗がん剤の副作用の吐き気、倦怠感などで苦しくても、苦しさから解放されます。

個人差はありますが、吐き気がきれいになくなる方も、珍しくありません。

抗がん剤の苦しさがとれれば、今以上に楽にがんと闘うことができるのです

病院の治療に薬膳をとりいれると、よりいっそう、がんに負けない体を作ります。

治療の効果が強くなり、がんをさらに小さくしてくれます。

また、放射線治療の副作用の、のどの痛さといった辛さも、よくなります。

例をあげると、大豆イソフラボンには、放射線の副作用をよくする力があるからです。

もちろん、西洋医学もとても重要ですが、それだけでは、平均的な結果しか得られないのです。

免疫力を高め、がんを大きくさせないようにしましょう。

さらにがん治療に耐えるだけの体力をつけていけます。

それは、東洋医学的な食事法、つまり薬膳によって、可能です。

薬膳をとりいれて、その上で、適切な西洋の治療を受けましょう。

あなたは、より高い確率で、がんを治せます。

万が一、がんがどんどん大きくなってしまっても、最後の最後まで、自分の楽しみをもちながら、生活をすることができます。

そこで、どのように薬膳を取り入れてよいかのセミナーをDVDにすることにしました。

今日から、誰でもできる簡単な薬膳です。

多くの食材は、近くのスーパーで購入することができます。

さて、先日も、薬膳のセミナーをさせていただく機会があり、そのときにご参加された方からのご感想です。

セミナー後、さぁ薬膳始めるぞ!と思ていたのですが、母親が腹痛を訴えて病院に行ったところ、白血球減少と少し腹水があると言われました。そして5日後に日帰りで違う抗ガン剤投与をすることになってしまいました。

あと5日でも母親に薬膳を食べてもらおうと、教えていただいた小豆と梅エキスと十全大補湯を毎食摂るようにしてもらいました。

すると、母親の腹痛はなくなり、しかも入院前血液検査でも見事白血球の数値が上がっていました!

一応予定通りに抗ガン剤投与はあったのですが、母親もこれから薬膳でもっと体を元気にすれば大丈夫だ!と思えたようです。

前より体も気持ちも元気になってきたと思います。

 

先生に言われた食事をとりいれ、漢方を飲んでみました。

抗がん剤の副作用もなくなり、無数にあった肝臓のがんがすべてきれいにきれてよかったです。

(肝がんが多発した方で、抗がん剤の副作用のために治療が計画通りにできなかった方より)

 

がんになった時に現れやすい症状に対応した東洋医学や、薬膳の材料や、取り入れ方がピンポイントで、すぐに活かしてみたいと思いました。

心のありかたも影響するという事も分かりました。自分次第で克服できるというイメージをしながら、家族や自分で行っていきたいです。

ありがとうございました。

 

がん治療中の薬膳だとしても、極端に無理をしなくてもできるということで、気が楽になり、うれしいです。

長芋、レンコン、大根など、ふだんからみじかにあるものが、実は素晴らしい食材だと分かった事もよかったです。

がんになっても、たばこ、お酒、お肉などを、どうしても気をつけてくれない人への対処もわかり、よかったです。

お米が素晴らしいエネルギーになることも知れてよかったです。

陰陽の話、地球を大切にする事と私たちの心と体がつながっていることも、とても腑に落ちる話でした。ありがとうございました。

 

西洋医学と東洋医学の違いが分かりました。

薬膳が、いかに人体に効くかが、よく分かりました。

(中略)

薬膳を日々の食卓に取り入れる事で、免疫力をつけ、自分も家族も健康でいられると思いました。

薬膳ときくと、「難しいもの」と頭で思ってしまい、ちょっと避けていましたが、1から分かりやすくレクチャーしてもらい、納得です。

ありがとうございました。またこのような会を開いて頂いたら、ありがたいです。

 

たくさんのご感想ありがとうございました。

病院の抗がん剤治療、放射線治療、手術はとても体力を消費します。その結果、寝たきりになる方もいらっしゃいます。

薬膳を通して、体力をつけていきましょう。

あなたは、寝たきりにならず、旅行したりなど、普段通りに生活できます。

また、治療を受けていると、次第に体重が減っていくことがあります。

抗がん剤の副作用や、がんが進行することなど、いろんなことが原因になります。

何を食べても、体重が増えず、むしろ減っていくいっぽうであることに、悩まされることもあります。

そんな問題を解決する薬膳もあります。

あなたは、体重をふやし、体力をつけることができるようになります。

さらには、免疫力も高くなるのです。

また、がんが進行して、「あとはホスピスを探すしかないですよ」と言われたとき、もうすべきことはないのでしょうか?

薬膳を通して、がんを抑えましょう。

がんを抑える薬膳についても、知らないといけないのです。

免疫力を高めていきましょう。

また、がんの再発といったよくないことを聞かされ、気分が落ち込むこともあります。

落ち込んだ気持ちを元気にする食事を、とりいれることも大切です。

あなたは落ち込んだ気持ちから、回復することができます。

また、あなたががんと向き合う中で、いろんな症状がでてきます。

例えば、むくみも、その一つです。足が浮腫むと、歩くことも大変になります。なかなか病院の治療でもよくなりません。

あるものを食べることにより、むくみが改善します。

このように、薬膳により快適に1日でも長く生きることにつながるのです。

そして、薬膳に加えて、漢方を取り入れると、なおよいでしょう。

あなたは、免疫力があがる上に、さまざまな悩まされている症状がとれます。

個人差がある部分もありますが、がんを克服するために、薬膳と漢方をチャレンジする価値は十分あります。

このようなことを取り入れることで、よい結果が出ているのです。

さて、抗がんの薬膳のセミナーDVDを通して、がんを抑えるために、誰でもすぐに取り入れられる薬膳と漢方をお話いたします。

そして、抗がん剤の副作用をとり、今以上に楽にがんと闘えるようになります。

がんの告知や治療で落ち込んだ気持ちも、今よりも、ぐっとよくなります。

がんと闘える体を作っていくのです。

DVDでお話する内容をご紹介しますね。

• 東洋医学も、西洋医学に匹敵する治療である
• 薬膳といった東洋医学で、がんを克服したケース
• ◯◯で、あなたの落ち込んだ気持ちが元気になる!そして、血の巡りを良くし、体を温めることも大切です。逆に、血の巡りが悪く、冷えていると、免疫力は低下し、抗がん剤治療の副作用も、出やすくなります。• こんな食べ物が、冷えを助長して、がんを増やす
• 血の巡りを良くして、体を温める最強の薬膳とは?

そのようなことについても、知ることができます。

また、抗がん剤の副作用を減らすために、取り入れてほしい薬膳があります。

抗がん剤の副作用がへれば、楽にがんと闘うことができます。

よりよい治療結果を得られることにもなります。

• 抗がん剤の副作用を抑える薬膳とは?
• 薬膳の効果を最大限に引き立てる簡単薬膳レシピ
• 抗がん剤の副作用や、癌そのものを抑える漢方

そのようなことも、分かります。さらに、

• 抗がん作用のある薬膳ベスト5でがんを抑える
• むくみといったあなたの困っている症状をとる薬膳
• 抗がん剤治療で落ち込んだ気持ちを元気にする薬膳

についても、お話していきます。それ以外にも、

• 便秘や下痢を治す薬膳
• 食欲がないときに、食欲をだす薬膳
• がんになっても、生活習慣を変えない家族への薬膳
• どんどん体重が減ってしまったときの、薬膳

についても、伝授します。

さらに、あなたが抗がん剤治療で、逆に寿命を短くしないために、知らないといけないこともお伝えします。

西洋医学と東洋医学のよいところを取りをして、がんに負けないようにすることができます。

セミナーで用いた資料は、ご購入後にお届けしますメールから、すぐにダウンロードできます。

それ以外にも、数回にわたり、サポートメールがありますので、ご覧下さいね。

 

あなたも、このノウハウを実践し、がんを克服していただきたいです。そのための第一歩を踏み出して下さいね。

あなたはこれまでよりも、楽にがんの治療を受けられ、がんに負けない体になるのです。

今回のDVDは、2枚組 (190分)です。

DVDをご覧になって、分からないことがあれば、メールでご質問ください。

あなたに、DVDセミナーでお会いできるのが楽しみです。

お申し込みは、クレジットカード、銀行振込に対応しております。

お届けは、ご入金確認後、土日祝含めず7営業日以内の発送です。

DVD代金は2万円(税込み)です。

ご注文はこちらから!がんに負けない体を作りましょう。

手術、放射線療法、抗がん剤の副作用、食事療法、免疫療法など、がん治療に関わることをアドバイスしています。