ハーセプチンの副作用について

ハーセプチンの副作用について

こんにちは。加藤隆佑です。

今日は、乳がん、胃がんの治療で用いられるハーゼプチンについてお話したいと思います。

ハーセプチンは、通常の抗がん剤とは異なり、正常の細胞には、それほど害を与えず、がん細胞の特定の場所(HER2タンパク)を攻撃することができる分子標的薬です。

がん細胞を採取し、どの程度HER2タンパクがあるかを検査します。ある程度の量があれば、このお薬が効果があると予想されます。

手術前に投与するケース、術後の再発予防のために投与するケース、再発や転移のある乳がんの治療で用いられます。

この薬だけで用いらることもあれば、他の抗がん剤と併用して用いられます。

主な副作用は、寒気や発熱です。吐き気や頭痛、倦怠感が出る場合がありますが、それほど頻度は高くはありません。

これらの副作用は、出たとしても初回の点滴のときのみで、2回目以降にでることはほとんどありません。

脱毛はありません。副作用の少ないお薬と考えてよいでしょう。

しかし、最も注意しないといけないことは、、心臓への影響があります。

2-4%の人に出現し、心臓の機能が低下します。

もし、心臓がドキドキしたり、息切れするようになったり、脈が早くなったら、主治医に相談してください。

引き続き、メールマガジンでも、抗がん剤による副作用に関して書いていきます。

登録がまだの方はこちらです。

手術、放射線療法、抗がん剤の副作用、食事療法、免疫療法など、がん治療に関わることをアドバイスしています。