乳がんのFECという抗がん剤治療の副作用について

●乳がんのFECという抗がん剤治療の副作用について

こんにちは。加藤隆佑です。

今日は、乳がんでよく用いられるFECという抗がん剤治療の、副作用についてお話します。

Fはフルオロウラシル、Eはエピルビシン塩酸塩、Cはシクロホスファミドを表します。

手術前に行う場合、術後の再発予防で行う場合、手術ができない場合に用いられます。1日注射で投与したら、20日お休みします。それを1クールとします。

4-6クール行います。ただし、この治療は比較的副作用が強いものがでやすいです。

投与直後から数日の間は、吐き気、嘔吐、食欲不振、発熱、しびれ

数日から数週間の間は、脱毛、だるさ、口内炎、関節痛、好中球減少

といった副作用がでます。

特に注意しないといけないものは、重度の好中球減少 です。

約50%の方がでます。投与して2週間ほどしてでやすい副作用です。

そのような時期には、人ごみはさけたほうがよいでしょう。細菌などに感染しやすくなるからです。

また吐き気、嘔吐が強く出る方もいます。

吐き気を抑える薬を使っても、なかなかその症状を抑えることができないことがたまにありますが、多くの方は一時的なものです。

脱毛は、投与してから2-3週で始まります。

FECは、比較的副作用のでやすい治療なので、何かあったら担当の先生に相談してください。

引き続き、メールマガジンでも、抗がん剤の副作用に関することを書いていきたいです。

登録がまだの方はこちらです。

手術、放射線療法、抗がん剤の副作用、食事療法、免疫療法など、がん治療に関わることをアドバイスしています。