ホルモン剤(アロマシン、アリミデックス、フェマーラ)による治療で、関節痛に悩まれている方へ

●ホルモン剤(アロマシン、アリミデックス、フェマーラ)による治療で、関節痛に悩まれている方へ

こんにちは。加藤隆佑です。

先日、子どもの、幼稚園の終業式が終わりました。あっという間の1年でした。子どももとても成長しました。とてもうれしいです。

さて、今日は、乳がんのホルモン治療における副作用の1つである関節痛についてお話します。

アロマターゼ阻害薬(アロマシン、アリミデックス、フェマーラ)で、関節痛がつらい方はいらっしゃいます。

約5-35%の方に、関節痛がでると言われています。

多くの方は、数ヶ月(2-3ヶ月)で良くなります。

そうなるまで、痛み止めをのみつつ、なれてもらうケースが多いことでしょう。

しかし、中には、なかなか慣れない方や、日常生活に支障がでるほどの痛みがでることもあります。

年単位でホルモン剤は内服しないといけないので、そのような場合は、なんらかの対策が必要です。

対策の1つが、別の種類のアロマターゼ阻害薬(フェマーラを飲んでいる方なら、アロマシンやアリミデックス)にすると、多くの方は、辛い症状がでません。

主治医に相談してみましょう。

(同じ作用機序の薬なのですが、なぜか、大丈夫なことが多いです。)

また、ストレッチもよいでしょう。

関節痛に効くストレッチはこちらです。

治療歴12年目のがん治療専門医によるがん治療のサポート

抗がん剤治療の悩みをとる無料メールマガジン

がん治療の悩みをとる方法

手術、放射線療法、抗がん剤の副作用、食事療法、免疫療法など、がん治療に関わることをアドバイスしています。