ハラヴェン(エイブリン)という乳がんで用いられる抗がん剤について

● ハラヴェン(エイブリン)という乳がんで用いられる抗がん剤について

こんにち。加藤隆佑です。

今日は乳がんで使われるハラヴェンという抗がん剤についてのお話です。

原則として週一回を2週連続注射で投与し、3週目をお休みします。これを1サイクルにします。

副作用なのですが、

薬剤熱:この注射をうけて3日以内に熱が出る方が5人に1人います。

白血球減少:投与して2週目の後半にこの副作用はでやすいです。感染の原因になります。

倦怠感:2人に1人にでます。

末梢神経障害:3人に1人に、しびれといった症状がでます。

食欲低下、吐き気脱毛:2人から3人に1人にでます。

命にかかわる副作用は、白血球減少なのですが、放射線治療を受けられた方は、特に注意をしないといけません。

そのために、定期的に採血することが大切です。

またしびれも、我慢していると、後遺症として残ります。症状がでたら、ちゃんと主治医に相談しましょう。

治療歴12年目のがん治療専門医によるがん治療のサポート

抗がん剤治療の悩みをとる無料メールマガジン

がん治療の悩みをとる方法

手術、放射線療法、抗がん剤の副作用、食事療法、免疫療法など、がん治療に関わることをアドバイスしています。