治療のことで、いいことしか言わない人は要注意です。

・治療のことで、いいことしか言わない人は要注意です

こんばんは。加藤隆佑です。

今年は、対人支援スピリチュアル研究会の総会が札幌であり、私も実行委員の1人だったので、今日の夜は、会合にでてきました。

今回のテーマは、がんの患者さんを支援することについて、考えてもらう会になりそます。大会が成功するように、がんばりたいです。

さて、先日、新聞を読んでいたら、インターネットなどで、がんの治療の情報で心地よい話は用心しないといけないという話がありました。

その主旨ですが、

検索サイトは、情報の正しさを保証しない

発信源が、営利組織、個人、医療施設が多かった

体にやさしいなど、心地よい言葉を並べるものは、注意しないといけない

信頼できない情報や、研究段階の治験をすすめるなど、問題のある内容が半数以上である

という内容でした。

それでは、検索サイトの情報にだまされないために、どのようなことに気をつけないといけないか?については、以下のことです。

誰が書いたサイトか?

(発信源はどのような医師なのか?もしくは医師ではないのか?など)

参考文献があるか?

(すべてを科学的に根拠を示すのは難しいですが、ある程度の文献が提示してあると、よいでしょう。)

いつの情報か?

(10年前の情報と、現在では、情報はだいぶ変わってきています。)

さて、このような新聞記事がでた背景には、がんの患者さんの弱みにつけ込んで、効果がはっきりしない何百万もする高価な治療をうけさせようとするクリニックが多くあるという事実です。

また、質の悪いサプリメントを、法外な値段で販売しているところもあります。

情報を調べようとすることは大切ですが、内容をしっかり吟味しましょう。

治療歴12年目のがん治療専門医によるがん治療のサポート

抗がん剤治療の悩みをとる無料メールマガジン

がん治療の悩みをとる方法

加藤隆佑プロフィール
小樽協会病院 消化器内科 主任医長
日本消化器内視鏡学会専門医
日本消化器病学会専門医
肝臓専門医
内科認定医
がん治療認定医

手術、放射線療法、抗がん剤の副作用、食事療法、免疫療法など、がん治療に関わることをアドバイスしています。