エルプラットによるしびれに対する対処法 (2)

● エルプラットによるしびれに対する対処法 (2)

こんにちは。加藤隆佑です。

さて、さっそく本題です。

エルプラットを長く使っていると末梢神経症状に悩まされます。始めのころは、すぐ症状がとれていたのが、だんだんしびれが残ってきます。

その結果、しびれや痛みのために、ボタンがはずしにくい、しびれて歩きにくい、細かな作業がしにくいといった症状です。 

私のところに、このしびれに困って、メールされる方もたくさんいらっしゃいます。

さて、副作用をなくすために、いろんな試みがなされています。

しびれの症状がでないようにする薬は、

エルプラットの注射の直前にカルシウム/ マグネシムの注射をすること
牛車腎気丸という漢方薬
桂枝加朮附湯という漢方薬
プレガバリン(製品名はリリカ)
抗けいれん薬
抗うつ薬

どれも、しびれを改善させる選択肢として提示できますが、一番はじめにためすべきは、漢方です。

ちなみに、最も重要なことは、無理をしない、しびれが強くなってきたら、お薬をお休みするという選択肢です。

命には関わることはないですが、侮ってはいけない副作用です。

引き続きメールマガジンでも副作用に対する情報を書いています。登録がまだの方はこちらです。

治療歴12年目のがん治療専門医によるがん治療のサポート

抗がん剤治療の悩みをとる無料メールマガジン

がん治療の悩みをとる方法

加藤隆佑プロフィール
小樽協会病院 消化器内科 主任医長
日本消化器内視鏡学会専門医
日本消化器病学会専門医
肝臓専門医
内科認定医
がん治療認定医

手術、放射線療法、抗がん剤の副作用、食事療法、免疫療法など、がん治療に関わることをアドバイスしています。