ヨーグルトを食べてはいけないのですか?

こんにちは。加藤隆佑です。

本日は、ヨーグルト(牛乳から作ったものを前提にします)は、本当に体によいのか?ヨーグルトに変わる食事はないのか?について、お話します。

まずは、ヨーグルトをとる理由について考えてみましょう。

一番の理由は、腸内細菌をよりよくするための「菌」を体にいれることが目的です。

そこで、ある「菌」を体に入れることについて、もう少し詳しく考えてみましょう。

腸内には100種類以上の100-1000兆個の腸内細菌がいます。そこに、〇〇菌がたくさん入ったヨーグルトをとったとします。

(今回は、具体的な名前は提示しないで、〇〇菌という表現にいたしました。)

人によっては、その〇〇菌がすでに体内に多くあるケースもあるわけです。そのような状況で、さらにたくさんの、〇〇菌をいれる意味はありません。

また、100種類以上の100-1000兆個の腸内細菌が、バランスよく腸内に生存していたところに、〇〇菌だけが、大量にはいってくると、そのバランスもくずれます。

従って、菌を腸内にいれるのであれば、「腸が最もほしがっている種類の菌」であり、なおかつ「腸が最もほしがっている量の菌」でないといけません。

しかし、どの菌が、どの程度足りないかを、調べる方法はありません。

従って、一番大切なことは、腸内細菌のえさとなる、食物繊維•オリゴ糖•発酵食品をしっかりとることです。

えさをしっかり与えておけば、体がもっとも欲しがっている腸内細菌が育つことになるのです。

そのことをしっかり行った上であれば、乳酸菌の入っている食品をとることに、意味がでてくると思われます。

ただし、乳酸菌を摂取するとしても、ヨーグルトからはとらないでください。

IGF-1というがん細胞を刺激する物質がたくさん入っているからです。

それではどうしたらよいのでしょうか?

1つめの提案は、サプリメントからとるという方法。

もう1つの提案は、自分でヨーグルトの代用品を作るという方法があります。

どこのメーカーの豆乳を利用するか?どこの種菌を利用するかで、味がかわります。そして、ベストの組み合わせは以下のものです。

青山食品サービスのブルマンヨーグルト

めいらく スジャータの有機豆乳

40度で8時間(夏は7時間)です。種菌を一袋いれますが、半分の量でもOK。

普通のヨーグルトと全く同じ味で、食べることができます。

ヨーグルトを食べてはいけないのですか?” への2件のコメント

  1. 今明治の盛んに宣伝しているR-1の飲むヨーグルト毎日飲んでますが、長く飲むと記載のIGF-1が原因で癌になる恐れがありますか???もう飲み始めて3か月ですが、すみませんがお教えください,昨年腎臓がんやりました術後一年8か月経ちました

  2. コメントありがとうございます。基本的には、どのがんであっても、ヨーグルトから乳酸菌をとることは、おすすめしていません。

    ブログで提示した方法以外では、植物性由来の乳酸菌(キムチやぬか漬け)から、乳酸菌をとるのも、一つの手だと思います。

コメントは受け付けていません。