副作用が強いのは、あなたの気持ちの問題もあるかもしれません。

● 副作用が強いのは、あなたの気持ちの問題もあるかもしれません。

こんにちは。加藤隆佑です。

あなたが抗がん剤の副作用で悩まれているならば、その原因の1つにあなたの気持ちの持ち方にある可能性があります。

先日も以下のようなデータが発表されていました。

乳癌のホルモン療法の開始前に、薬に対してネガティブな予測を持つ患者では、内分泌療法2年後の副作用のリスクが高かった。

呼吸困難、めまいなど、薬剤とは直接関係しない副作用もみられた。

出典はこちら

 

多少の不安は誰もが持ちますが、極端な不安は、よくない結果を引き起こすのです。

そのことに関して逆のこともいえます。

このお薬は効く!と思って飲んだほうが、よりよい効果がでるということです。

そのような検証をしたデータも以前にありました。

治療を受ける上でどのような気持ちで治療を受けるかは、本当に重要なことです。

あなたの予後すら左右するのです。

その不安をとるために、大切なことは2つ。

1つは、抗がん剤治療に対するある程度の知識です。

(ネットの書き込みばかりを読んでいると、正確なことが分からなくなります。)

もう1つは、あなたを手助けしてくれるサポーター(主治医をはじめとする病院のスタッフやご家族)がいて、何かあれば、すぐに対応してくれる関係にあること

この2つがしっかりとできているかを確認しましょう。

もし、その2つがしっかりしていなければ、その構築からしていきましょう。

そして、不安な気持ちを和らげて、がんを克服していきましょう。

手術、放射線療法、抗がん剤の副作用、食事療法、免疫療法など、がん治療に関わることをアドバイスしています。