がんを予防するための、キノコの調理法

● がんを予防するための、キノコの調理法

こんにちは。加藤隆佑です。

あなたが、がんの予防を心がけるならば、体を強くして、がんに負けない免疫力をつけましょう。

治療中の方も、同じような心がけが大切です。

そのために、大切なことの1つが、キノコを毎日摂取することです。

しかし、キノコの有効な成分は、普通の調理法では、十分に体の中にとりこめません。

そこで、工夫が必要なのです。

1つその方法をご紹介しますね。

例)しめじ1パック
椎茸1パック
舞茸1パック

石づきを除き、ざく切りにする。水(きのこ300グラムに対して水400グラムの割合)を混ぜて、ミキサーでペースト状にする。

鍋に入れて、30から60分弱火で煮詰める。

製氷機に流し、冷凍庫で凍らせる。(冷蔵庫で2日、冷凍庫で1ヶ月)

使用するときは、味噌汁、煮物、魚のソテーのソース、
だし巻き卵にいれて、食べる。

とても、簡単なので、がんの予防のためにも、そして、治療中の方もやってみてくださいね。

あなたも、がんに負けない体を作っていきましょう。

手術、放射線療法、抗がん剤の副作用、食事療法、免疫療法など、がん治療に関わることをアドバイスしています。