リンパ浮腫の悩みを解決するためにすべきこと

● リンパ浮腫の悩みを解決するためにすべきこと

こんにちは。加藤隆佑です。

あなたはリンパ浮腫に悩まれていませんか?

リンパ浮腫は治す方法はあります。

しかし、治すために具体的にすべきことはちゃんとあるのですが、なぜか世間に広く広まっていません。

従って、リンパ浮腫に悩まれている方はとても多いです。

さて、先日とても分かりやすい考え方を、リンパ浮腫に詳しいメールマガジンの読者さんから教えて頂いたので、その言葉からご紹介します。

1、キリン の例え

何故キリンはむくまないか?

・筋力が大(→ここはポイント1になります)
・脂肪が少ない
・皮膚が硬い

2、浮腫とは何か

表皮と筋膜の間に液体(水)が溜まっている状態。リンパ管は一方通行弁なので、流れないと弁が開いたままになり溢れ出す

3、リンパ郭清したら100%の方がリンパ浮腫0期

早く見つけて重くならないようにする事が大事

セルフチェックのポイントは、つまむなどして探す(左右差の有無)

浮腫の場所:初期は乳がんは、腋の下であり、女性器がんは、太腿の内側

症状があるときは、左右差で厚みがある

いつまで続くに関しては、時間経過で軽減しないのが特徴

4、付き合い方:リンパ浮腫に支配されずに生活する事が肝要であり、やっていけない事はない。運動も種類もこだわらない。飛行機もエコノミーでOK

しかしながら重い荷物や立ち仕事、高温のサウナなどはNG
(→ポイント2になります。)

この文章にすべてのことリンパ浮腫のすべてのことが濃縮されています。

特にポイント1と2に注目です。

多くの人は手術のあとに、筋力が低下します。だから筋トレが必要。

負荷がかかりすぎの運動はだめですが、階段を登る運動や、抗がん剤治療を受けるときに読む本のp92に運動が大切です。

ポイント2に関してですが、もう少し分かりやすく書くと以下のようになります。

多少の負荷のかかる運動(筋トレ)はオッケー。しかし、負荷がかかりすぎる運動(筋トレ)はだめ。また、重い荷物も、多少の負荷ならオッケーだけど、負荷がかかりすぎるくらいの重い荷物はだめ。

お風呂は38度くらいまではオッケー(それ以上高いとダメなのか?についは、厳密に言う事は難しいです)。

このようにして、リンパ浮腫は、予防にしていくことが大切。

もしリンパ浮腫がひどくなったらどうするか?

よいセラピストさん(病院)に出会うことが大切。

一方で、病院がすべきことをちゃんとやっていないためか、病院の治療を受けても、あまりよくならない方を見かけることも珍しくありません。

そのようなときは、よい病院やセラピストの方を見つけることが大切です。

ちなみに、ひどくなってしまうと、自分でセルフケアでリンパマッサージしても効果ありません。

ちなみに、札幌では、こちらの病院が力をいれてやっています。

手術、放射線療法、抗がん剤の副作用、食事療法、免疫療法など、がん治療に関わることをアドバイスしています。

ハーセプチンの副作用について

ハーセプチンの副作用について

こんにちは。加藤隆佑です。

今日は、乳がん、胃がんの治療で用いられるハーゼプチンについてお話したいと思います。

ハーセプチンは、通常の抗がん剤とは異なり、正常の細胞には、それほど害を与えず、がん細胞の特定の場所(HER2タンパク)を攻撃することができる分子標的薬です。

がん細胞を採取し、どの程度HER2タンパクがあるかを検査します。ある程度の量があれば、このお薬が効果があると予想されます。

手術前に投与するケース、術後の再発予防のために投与するケース、再発や転移のある乳がんの治療で用いられます。

この薬だけで用いらることもあれば、他の抗がん剤と併用して用いられます。

主な副作用は、寒気や発熱です。吐き気や頭痛、倦怠感が出る場合がありますが、それほど頻度は高くはありません。

これらの副作用は、出たとしても初回の点滴のときのみで、2回目以降にでることはほとんどありません。

脱毛はありません。副作用の少ないお薬と考えてよいでしょう。

しかし、最も注意しないといけないことは、、心臓への影響があります。

2-4%の人に出現し、心臓の機能が低下します。

もし、心臓がドキドキしたり、息切れするようになったり、脈が早くなったら、主治医に相談してください。

引き続き、メールマガジンでも、抗がん剤による副作用に関して書いていきます。

登録がまだの方はこちらです。

手術、放射線療法、抗がん剤の副作用、食事療法、免疫療法など、がん治療に関わることをアドバイスしています。

乳がんのFECという抗がん剤治療の副作用について

●乳がんのFECという抗がん剤治療の副作用について

こんにちは。加藤隆佑です。

今日は、乳がんでよく用いられるFECという抗がん剤治療の、副作用についてお話します。

Fはフルオロウラシル、Eはエピルビシン塩酸塩、Cはシクロホスファミドを表します。

手術前に行う場合、術後の再発予防で行う場合、手術ができない場合に用いられます。1日注射で投与したら、20日お休みします。それを1クールとします。

4-6クール行います。ただし、この治療は比較的副作用が強いものがでやすいです。

投与直後から数日の間は、吐き気、嘔吐、食欲不振、発熱、しびれ

数日から数週間の間は、脱毛、だるさ、口内炎、関節痛、好中球減少

といった副作用がでます。

特に注意しないといけないものは、重度の好中球減少 です。

約50%の方がでます。投与して2週間ほどしてでやすい副作用です。

そのような時期には、人ごみはさけたほうがよいでしょう。細菌などに感染しやすくなるからです。

また吐き気、嘔吐が強く出る方もいます。

吐き気を抑える薬を使っても、なかなかその症状を抑えることができないことがたまにありますが、多くの方は一時的なものです。

脱毛は、投与してから2-3週で始まります。

FECは、比較的副作用のでやすい治療なので、何かあったら担当の先生に相談してください。

引き続き、メールマガジンでも、抗がん剤の副作用に関することを書いていきたいです。

登録がまだの方はこちらです。

手術、放射線療法、抗がん剤の副作用、食事療法、免疫療法など、がん治療に関わることをアドバイスしています。

乳がんホルモン療法において、タモキシフェンは10年間が推奨されます

●乳がんホルモン療法において、タモキシフェンは10年間が推奨されます

こんにちは。加藤隆佑です。

今日は、ホルモン療法で用いられるタモキシフェンをどのくらいの期間飲んだら良いかについてのお話です。

以前よりその期間は議論されてきしたが、最近になり5年より10年を推奨されるようになってきました。

今年のアメリカ臨床腫瘍学会でも、ステージ1から3でホルモン受容体陽性の、術後補助化学療法において、10年を推奨しています。具体的には以下のような内容です。

閉経前の術後補助化学療法としてタモキシフェンを5年投与する。5年経過した時点で閉経前であれば、タモキシフェンを引き続き5年投与する。

閉経後になっていれば、タモシキフェンもしくはアロマターゼ阻害薬を5年投与する。

閉経後の女性には以下よりどれかを選択します。

1、タモキシフェンを10年
2、アロマターゼ阻害薬を5年
3、タモキシフェンを5年、さらにアロマターゼ阻害薬を最長5年
4、タモキシフェンを2-3年投与し、アロマターゼ阻害薬を最長5年 という選択肢になります。

ただし、長期投与による副作用(子宮体がん、血栓症)などもあります。

長期間続けることのメリットとデメリットを天秤にかけることが大切になります。

また、どのような食事をとるかで、生存期間が変わるというデータもあります。

薬も大切ですが、食事も大切なのです。

食事に関しては、こちらで詳しくお話しています。

治療歴12年目のがん治療専門医によるがん治療のサポート

抗がん剤治療の悩みをとる無料メールマガジン

がん治療の悩みをとる方法

手術、放射線療法、抗がん剤の副作用、食事療法、免疫療法など、がん治療に関わることをアドバイスしています。

ハラヴェン(エイブリン)という乳がんで用いられる抗がん剤について

● ハラヴェン(エイブリン)という乳がんで用いられる抗がん剤について

こんにち。加藤隆佑です。

今日は乳がんで使われるハラヴェンという抗がん剤についてのお話です。

原則として週一回を2週連続注射で投与し、3週目をお休みします。これを1サイクルにします。

副作用なのですが、

薬剤熱:この注射をうけて3日以内に熱が出る方が5人に1人います。

白血球減少:投与して2週目の後半にこの副作用はでやすいです。感染の原因になります。

倦怠感:2人に1人にでます。

末梢神経障害:3人に1人に、しびれといった症状がでます。

食欲低下、吐き気脱毛:2人から3人に1人にでます。

命にかかわる副作用は、白血球減少なのですが、放射線治療を受けられた方は、特に注意をしないといけません。

そのために、定期的に採血することが大切です。

またしびれも、我慢していると、後遺症として残ります。症状がでたら、ちゃんと主治医に相談しましょう。

治療歴12年目のがん治療専門医によるがん治療のサポート

抗がん剤治療の悩みをとる無料メールマガジン

がん治療の悩みをとる方法

手術、放射線療法、抗がん剤の副作用、食事療法、免疫療法など、がん治療に関わることをアドバイスしています。

HER2陽性の乳がんの抗がん剤治療で気をつける事

● HER2陽性の乳がんの抗がん剤治療で気をつける事

こんにちは。加藤隆佑です。

昨日は、胃の早期胃がんの内視鏡治療でした。比較的大きかったのですが、1時間程度で、無事終わったのでよかったです。

さて、今日は、HER2陽性の乳癌の抗がん剤治療で、転移した部分から生検することの大切さのお話です。

乳癌の転移が疑われる場合は、転移疑いの病変を生検することが推奨されています。

なぜならば、転移と思っていた病変が、良性疾患の可能性と、他の悪性疾患の可能性があるからです。

(生検すると、良性であることが2.5%, 他のがんであることが0.8%というデータもあります)

また、もともとHER2陽性なのが、それまでに使用していた抗がん剤の影響で、転移した部分は陰性になることもあります。

ただし、生検しにくい場合は、無理をすべきではないので、HER2陽性の乳がんに準じた治療をしていくことになるのでしょう。

さて、私の事例なのですが、もともとはHER2陽性の乳がんだったのですが、肝臓に転移してきたので、生検をしたところ、その結果は、HER2は陰性でした。

4%の頻度で起きる事は知っていたのですが、頻度は低いために大丈夫だろうと思って検査をしたのですが、結果は、その4%に該当していたのです。

今回のケースを通して、改めて、転移した部分からは、一度は生検することが大切であると感じました。

もちろん、生検する必要が全くない場合もあります。そのあたりは、専門的な知識を加味して判断しないといけません。

今日は少し専門的な話になってしまいましたが、引き続き、みなさんに分かりやすい形で、書いていきたいと思います。

こちらでも、がん治療で気をつけないといけない事をかいています。

治療歴12年目のがん治療専門医によるがん治療のサポート

抗がん剤治療の悩みをとる無料メールマガジン

がん治療の悩みをとる方法

手術、放射線療法、抗がん剤の副作用、食事療法、免疫療法など、がん治療に関わることをアドバイスしています。

ホルモン剤(アロマシン、アリミデックス、フェマーラ)による治療で、関節痛に悩まれている方へ

●ホルモン剤(アロマシン、アリミデックス、フェマーラ)による治療で、関節痛に悩まれている方へ

こんにちは。加藤隆佑です。

先日、子どもの、幼稚園の終業式が終わりました。あっという間の1年でした。子どももとても成長しました。とてもうれしいです。

さて、今日は、乳がんのホルモン治療における副作用の1つである関節痛についてお話します。

アロマターゼ阻害薬(アロマシン、アリミデックス、フェマーラ)で、関節痛がつらい方はいらっしゃいます。

約5-35%の方に、関節痛がでると言われています。

多くの方は、数ヶ月(2-3ヶ月)で良くなります。

そうなるまで、痛み止めをのみつつ、なれてもらうケースが多いことでしょう。

しかし、中には、なかなか慣れない方や、日常生活に支障がでるほどの痛みがでることもあります。

年単位でホルモン剤は内服しないといけないので、そのような場合は、なんらかの対策が必要です。

対策の1つが、別の種類のアロマターゼ阻害薬(フェマーラを飲んでいる方なら、アロマシンやアリミデックス)にすると、多くの方は、辛い症状がでません。

主治医に相談してみましょう。

(同じ作用機序の薬なのですが、なぜか、大丈夫なことが多いです。)

また、ストレッチもよいでしょう。

関節痛に効くストレッチはこちらです。

治療歴12年目のがん治療専門医によるがん治療のサポート

抗がん剤治療の悩みをとる無料メールマガジン

がん治療の悩みをとる方法

手術、放射線療法、抗がん剤の副作用、食事療法、免疫療法など、がん治療に関わることをアドバイスしています。

アフィニトールという分子標的薬を、乳がんのホルモン療法に併用する方法

● アフィニトールという分子標的薬を、乳がんのホルモン療法に併用する方法

こんにちは。加藤隆佑です。

先日、特報首都圏で、早期のがんであるにも関わらず、がんの放置療法をして、その結果、がんがかなり進行してしまって、悩まれている方が出演していました。

その方は、放置したことにとても悔やまれていました。

いろんな角度から考えた結果、放置するという選択をすることもあるかもしれませんが、安易には、放置するという選択肢をとらないでください。

また、放置療法をすすめる医師がいるならば、その患者さんを最後まで、診てあげてほしいと思います。

しかし、放置療法をすすめている医師で、最後まで責任を取る方はほとんどいないのではないでしょうか?

繰り返しますが、安易な放置療法はしないでください。

さて、本日の本題です。

昨年3月から、ホルモン療法にアフィニトールという分子標的薬が承認されましたので、このお薬について、詳しくお話します。

ホルモン療法をしていると、次第に効かなくなることがあります。

そのようなケースにといて、ホルモン療法に使われる薬(具体的にはアロマシンというお薬)に、アフィニトールを併用すると、再びホルモン療法の効果が期待できるのです。

ただし、アフィニトールには、口内炎や間質性肺炎という副作用があります。

口内炎に関しては、2週間くらいで発生しやすく、その後は落ち着く傾向があります。

間質性肺炎は、いったん出現すると、命に関わることがあるので、注意を払う必要があります。

今回は、アフィニトールというお薬をご紹介しましたが、それ以外にも分子標的薬がたくさん市場にでてきています。

副作用がほとんどなく、体内のがんを消滅させるような薬がでることも、将来的には期待できるかもしれませんね。

メールマガジンでも、最新のがん治療の紹介もしていきますので、登録がまだの方はこちらです。

治療歴12年目のがん治療専門医によるがん治療のサポート

抗がん剤治療の悩みをとる無料メールマガジン

がん治療の悩みをとる方法

手術、放射線療法、抗がん剤の副作用、食事療法、免疫療法など、がん治療に関わることをアドバイスしています。

カドサイラ (一般名はT-DM1)の副作用について

●カドサイラ (一般名はT-DM1)の副作用について

こんにちは。加藤隆佑です。

HER2陽性の乳がんに有効なカドサイラの副作用についてのお話です。

はじめに、一般論ですが、HER2陽性の乳がんの治療方針は、以下のようになります。

第一選択 タキソール(パクリタキセル)+ハーセプチン (トラスツズマブ)+パージェタ (ベルツズマブ )

第二選択 カドサイラ (T-DM1) 

第三選択 ゼローダ (カペシタピン)+タイケルブ (ラパニチブ)

というふうになっています。

さて、カドサイラの副作用に関して詳しくお話します。

主な副作用としては

倦怠感 (約40%)
吐き気 (約30%)
食欲低下 (16%)
筋肉痛 (10%)

があげられます。

脱毛は1-5%程度です。

また採血でしか分からない副作用として注意しないといけないものは

血症板減少 (約30%) 〜血小板が少なすぎると、出血しやすくなります。
肝障害 (約30%)

です。

全体としては、比較的副作用の少ないお薬でしょう。また新しいことが分かりましたら、メールマガジンでも情報を提供していきます。

治療歴12年目のがん治療専門医によるがん治療のサポート

抗がん剤治療の悩みをとる無料メールマガジン

がん治療の悩みをとる方法

手術、放射線療法、抗がん剤の副作用、食事療法、免疫療法など、がん治療に関わることをアドバイスしています。