がんの治療によって生じた便失禁を治す方法

● 治療によって生じた便失禁を治す方法

こんにちは。加藤隆佑です。

今日は、治療に伴う合併症の1つである便失禁をどうしたらよいかのお話です。

がんの手術によって、肛門周辺の括約筋という筋肉が損傷を受けると、便失禁をするようになることがあります。

(それ以外の便失禁の原因として、出産や糖尿病があります。)

さて、治療ですが、まずは食事療法です。

便が下痢ですと、便失禁の頻度が増えるので、下痢気味の方には、食物繊維をとってもらいます。

人によっては、薬を使って、便が下痢気味にならないようにすることもあります。

同時に、骨盤体操をすることも大切です。

詳しくは、こちらにありますので、それを参考にしてください。

ここまでのことをすれば、約5割の方が改善します。

それらをやってみても、改善しない場合には、手術を考えます。

仙骨神経刺激療法です。

心臓用ペースメーカーと似た機会を体に埋め込み、排泄を司る仙骨神経に刺激を送ることによって、症状の改善を図る治療です。

はじめに、体の外から電気刺激を加えることを試してみて、それが効果のあった方に、体の中に刺激装置をうめ込むのです。

約7割の方が改善すると言われています。

こちらの方から、その治療法をやっている病院が分かります。

便失禁の治療は難しいのですが、できることを1つずつやっていくことが大切です。