カドサイラ (一般名はT-DM1)の副作用について

●カドサイラ (一般名はT-DM1)の副作用について

こんにちは。加藤隆佑です。

HER2陽性の乳がんに有効なカドサイラの副作用についてのお話です。

はじめに、一般論ですが、HER2陽性の乳がんの治療方針は、以下のようになります。

第一選択 タキソール(パクリタキセル)+ハーセプチン (トラスツズマブ)+パージェタ (ベルツズマブ )

第二選択 カドサイラ (T-DM1) 

第三選択 ゼローダ (カペシタピン)+タイケルブ (ラパニチブ)

というふうになっています。

さて、カドサイラの副作用に関して詳しくお話します。

主な副作用としては

倦怠感 (約40%)
吐き気 (約30%)
食欲低下 (16%)
筋肉痛 (10%)

があげられます。

脱毛は1-5%程度です。

また採血でしか分からない副作用として注意しないといけないものは

血症板減少 (約30%) 〜血小板が少なすぎると、出血しやすくなります。
肝障害 (約30%)

です。

全体としては、比較的副作用の少ないお薬でしょう。また新しいことが分かりましたら、メールマガジンでも情報を提供していきます。

治療歴12年目のがん治療専門医によるがん治療のサポート

抗がん剤治療の悩みをとる無料メールマガジン

がん治療の悩みをとる方法

手術、放射線療法、抗がん剤の副作用、食事療法、免疫療法など、がん治療に関わることをアドバイスしています。