スチバーガ錠による手足症候群を防ぐ方法

•スチバーガ錠による手足症候群を防ぐ方法

おはようございます。加藤隆佑です。

今日は、スチバーガ錠の手足症候群を防ぐ方法についてです。

一番の問題が、手足症候群なので、是非知ってほしいです。

手足症候群とは、手足の皮膚に副作用がでることであり、第一段階から第三段階まであります。

第一段階:手足の皮膚が一部赤くなりますが、日常生活には支障をおよぼしません。

第二段階:皮膚が角化し、ひびわれをともなうこともあります。痛みがでて、日常生活に支障がでます。

第三段階:角化やひびわれが悪化し、水泡になったり、潰瘍になったりします。激しい痛みがでて、仕事や日常生活ができなくなります。

軽い段階を含めると約8割、第三段階以上は約3割の方という高い頻度で、出現するのです。

この副作用を克服していくことが、必要なのです。

そのためには、「セルフケア」というのがキーワードになります。

すなわち、病院だけの診察では、その副作用を防ぐことができず、ご自身でのセルフケアが大切になってくるのです。

具体的には、

1、手足の皮膚を毎日チェックすることです。

多くの方は、第三段階で病院にこられることが多いです。しかし、第一段階をへて、第三段階にいくわけです。

従って、第一段階や第二段階になった時点で、病院に相談することにより、第三段階に到達することを防ぐことができるのです。 このお仕事は、ご自身でないとできません。

2、一回り大きめの靴をはくこと

体重や圧力がかかる部分に、皮膚症状はでやすいです。そうならない工夫が必要です。その工夫の一つが、少し大きめの靴をはいて、足にかかる圧力を減らすことなのです。

3、保湿を、こころがけること

ヒルドイド軟膏などを使います。ヒルドイドローションでは、保湿力が弱いので、軟膏の方がよいでしょう。

皮膚症状以外に、もう一つ大切なことは、血圧を毎日測定することです。このお薬は、血圧をあげることがあるのです。

以上のことに注意を払うことが、このお薬とつきあっていく上で大切なのです。是非、やってみてくださいね。

副作用を減らすコツは他にもありますので、それを知りたい方はこちらです。

治療歴12年目のがん治療専門医によるがん治療のサポート

抗がん剤治療の悩みをとる無料メールマガジン

がん治療の悩みをとる方法

手術、放射線療法、抗がん剤の副作用、食事療法、免疫療法など、がん治療に関わることをアドバイスしています。

大腸がんで使われるスチバーガ錠という薬について

大腸がんで使われるスチバーガ錠という薬について

こんにちは。加藤隆佑です。

雪に覆われた路面も、ようやく地肌が見えてきました。また、雪はふるでしょうが、春を感じて、気持ちも軽やかになります。

今日は、大腸がんの方に使えるお薬で、スチバーガ錠というお薬についての説明です。1日1回飲むお薬です。

ただしこのお薬を飲むための条件があります。

「FOLFOX・FOLFIRIやアービタックスといったお薬を使っても、効果がなかった方」が飲んでもよいという条件なのです。
すなわち、3番目もしくは4番目に試みるお薬になります。

気になることは、副作用です。

3番目や4番目のお薬を試みるころには、体力がなくなり、副作用がでやすくなることが多いからです。

日本人に使用した場合の副作用を列挙してみます。

手足の皮膚障害 80% (日常生活に支障がでるものは27.7%)
疲労感  43.1% (日常生活に支障がでるものは6.2%)
高血圧  60% (日常生活に支障がでるものは10.8%)
食欲不振  43.1% (日常生活に支障がでるものは9.2%)

外国人のデータをここには提示していませんが、日本人のほうが、手足の皮膚障害や高血圧がでやすい傾向があります。

せっかくお薬を飲んでも、副作用で食べられなったり、倦怠感が強く、何もする気がしなくなっては意味がありません。

日常生活に支障がない範囲に、副作用を抑える工夫をしていくことが大切になってきます。

また、1番目や2番目に使われる抗がん剤に比べると、切れ味は劣ります。

副作用を我慢して、苦労して飲んだ割には、それに見合った利益を得る事ができないことも多いので、この抗がん剤治療を受けるかどうかは、慎重に考えることも必要でしょう。

メルマガでも、がんの最新情報を配信していますので、登録がまだの方はこちらです。

治療歴12年目のがん治療専門医によるがん治療のサポート

抗がん剤治療の悩みをとる無料メールマガジン

がん治療の悩みをとる方法

手術、放射線療法、抗がん剤の副作用、食事療法、免疫療法など、がん治療に関わることをアドバイスしています。